悪質商法 クーリング・オフ

最終更新日
2009年7月24日

悪質な「架空請求」にご注意!!

最近、はがき、携帯電話・インターネットのメール、電話などによる「架空請求」が届いたという相談が全国で急増しています。

〈対策〉

1.身に覚えのない「架空請求」が届いたときは、絶対に電話などで連絡をとらないようにしてください。個人情報を知られてしまうことによって、相手から脅迫的な請求を受けるおそれがあります。

2.見知らぬ相手から届いたメールを不用意に開かないように注意しましょう。記載されたURLをクリックすることなどによって相手から「契約した」・「サービスを利用した」と主張されることがあります。(このような場合でも電子消費者契約法によって無効を主張できることがありますので、生活情報センターに相談してください。)

神戸市では、「架空請求」を行っている悪質な事業者名リストを公表しています。下の項目をクリックしてください。

神戸市生活情報センターで収集した「架空請求」の文面を掲載します。下の項目をクリックしてください。

ここに掲載されている「架空請求」は実際送られているもののうちのごく一部です。
ここに掲載されていなくても、同じような文面で請求を行っているものについては「架空請求」であることが十分に考えられますので気をつけましょう。

他機関による情報提供

国民生活センター

東京くらしWEB (東京都生活文化局消費生活部)

京都市文化市民局市民総合相談課

金融庁

法務省

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe ReaderR」または「Adobe Acrobat ReaderR」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。