神戸市-KOBE-


受動喫煙の防止について

禁煙マークたばこの煙に含まれる有害物質は、喫煙者が吸いこむ煙よりも、
たばこから直接出る煙の方に多く含まれることをご存知ですか?
たばこを吸わない人がこの煙を吸わされることを「受動喫煙(じゅどうきつえん)」といい、
健康への影響が生じるものとして、最近、ますます問題とされています。

神戸市では、現在、健康増進法第25条に基づき、
市民の健康を守る観点から、受動喫煙の防止対策に取り組んでいます。

兵庫県の「受動喫煙の防止等に関する条例」が施行されました

くまのマーク平成25年4月1日より、兵庫県の「受動喫煙の防止等に関する条例」が施行されました。
(ただし、施設の種類により適用開始時期が異なります)

施設の種類や面積により、喫煙環境の整備を義務付けています。
施設管理者の皆さまは、ご確認の上、適切な対応をお願いします。