神戸市-KOBE-


受動喫煙の防止について

受動喫煙について

禁煙マークたばこの煙に含まれる有害物質は、喫煙者が吸いこむ煙よりも、
たばこから直接出る煙の方に多く含まれることをご存知ですか?
たばこを吸わない人がこの煙を吸わされることを「受動喫煙(じゅどうきつえん)」といい、
健康への影響が生じるものとして、最近、ますます問題とされています。

神戸市では、現在、健康増進法第25条に基づき、
市民の健康を守る観点から、受動喫煙の防止対策に取り組んでいます。

世界禁煙デー、禁煙週間について

世界保健機関(WHO)は、昭和45年にたばこ対策に関する初めての
世界保健総会決議を行い、平成元年には5月31日を「世界禁煙デー」と定め、
厚生労働省においても、平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」として定めました。
神戸市では、世界禁煙デー、禁煙週間に合わせて、
禁煙啓発広告の掲示や街頭キャンペーン等啓発活動に取り組んでいます。

健康増進法の改正について

くまのマーク望まない受動喫煙の防止を図るため、健康増進法が平成30年7月に改正され、
受動喫煙対策が強化されることとなりました(令和元年7月一部施行、令和2年4月全部施行)。
(基本的な考え方)
 ・望まない受動喫煙をなくす
 ・受動喫煙による健康影響が大きい子供、患者等に特に配慮
 ・施設の類型・場所ごとに対策を実施

兵庫県の「受動喫煙の防止等に関する条例」について

平成25年4月1日に施行された、兵庫県の「受動喫煙の防止等に関する条例」(県条例)は、
(1)県条例の施行から5年を経過したこと
(2)平成30年7月に健康増進法が改正され、多くの施設で県条例より厳しい規制となること
から、平成31年3月に改正されました。
(令和元年7月一部施行、令和2年4月全部施行)

受動喫煙対策をより進展させるため、
特に20歳未満の方や妊婦をたばこの煙から守る対策を中心に、
健康増進法の改正を踏まえた内容となっています。
また、禁煙エリアでの喫煙者や、適切な受動喫煙防止措置を講じていない施設管理者に対しては、
保健所による指導後も改善がみられない場合は、罰則(過料)が適用されることがあります。

施設の種類や面積により、喫煙環境の整備を義務付けています。
施設管理者の皆さまは、ご確認のうえ、適切な対応をお願いします。

啓発用チラシ

下記の啓発用チラシをダウンロードしてご利用いただけます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。