神戸市-KOBE-


成人の歯の健康づくり

最終更新日
2016年10月28日

歯を失う原因の4分の3は【むし歯】と【歯周病】です。いつまでも自分の歯で過ごすために1年に1度は歯科検診を受けましょう。

歯周疾患検診

歯周病は、気づかないうちに進行し、最後には歯が抜けてしまうこともある病気です。
「歯肉から出血する」「歯肉が赤く腫れている」「歯肉がやせてきた」「口臭が気になる」・・・こんな症状があれば歯周病の危険信号です。


神戸市では、6月と11月に、各区保健福祉部で『歯周疾患検診』(無料)を行っていますので、ご利用ください。


特に60歳、70歳の方は、節目検診として積極的に受けましょう。

《その他の無料歯科検診》



40歳、50歳の方は、 市内の実施医療機関で歯科検診を受けられる無料受診券を送付します。

妊娠中の方は、母子健康手帳の「妊婦歯科健康診査受診券」を利用して市内の実施医療機関で妊娠期間中に1回、
無料で歯科検診を受けることができます。

後期高齢者医療制度に加入されている神戸市民の方で
年度末年齢76歳の方に無料受診券をお送りします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。