神戸市-KOBE-


野菜を食べようキャンペーン

最終更新日
2019年6月3日

神戸市では、市内大学等の学生食堂で「野菜を食べようキャンペーン」を開催します。

1日に食べたい野菜量

「野菜を食べようキャンペーン」とは・・・

目的

国民健康・栄養調査によると
全世代で野菜の平均摂取量が目標量(350グラム)を下回っており、
若い世代はとくに少ない傾向にあることがわかっています。

そこで、若い世代が集まる大学等と連携し、
学生にとって身近な学生食堂において野菜を気軽に食べられる環境を整える取組を実施します。

期間

のぼり掲示例食育月間(6月)中の各大学等が定めた一定期間

期間中は、トマトをモチーフとしたのぼりやポスターを
掲示します。

今年の取組内容例(各大学等によって内容は異なります)

(1)無料サラダバーの設置
(2)サラダバーで120グラムピッタリに盛り付けたら無料
(3)定食・丼・麺類購入者に無料で野菜小鉢を提供

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。