神戸市-KOBE-


アレルギー

最終更新日
2018年9月27日

アレルギー疾患の方に

現在、国民の約二人に一人はアレルギー疾患を持つといわれ年々増加傾向にあります。アレルギーによって引き起こされる疾患は多種多様で、気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーなどがあります。
アレルギー疾患は、医療機関での治療と同時に、日常生活の中でも予防・管理が必要となります。
ここでは、患者やその家族、周囲の方がアレルギー疾患に対応するときに参考となるよう、最新情報を得るためのホームページや公的機関や学術団体が作成・監修した各疾患の冊子や、神戸市の施策をご紹介します。

アレルギー疾患について知るために

(独)環境再生保全機構では、気管支ぜん息などアレルギー疾患に関する正しい知識の普及のため、パンフレットやビデオ・DVDを制作し、希望者に無料で配布、貸出しを行っております。
ご希望の方は、下記の環境再生保全機構HPよりお申し込みください。

また本市では、アトピー性皮膚炎のお子様向けにスキンケアのリーフレットを作製し、配布しています。ご利用の方は、下記のPDFをご覧ください。

  

ぜん息

花粉症

花粉の飛散情報

神戸市のアレルギー疾患対策の取り組み

健康相談

アレルギー疾患に関するお問い合わせや相談は、各区役所の健康相談で保健師や管理栄養士などが応じています。

乳幼児健診

区保健福祉部で実施している集団健診(4か月児健診・1歳6か月児健診・3歳児健診)では、アレルギー体質に関する問診・診察を行い、必要な場合は、市内の委託医療機関で精密検査を実施します。また、保健師・管理栄養士等がアレルギー疾患に関する生活面、育児面での不安や悩みに対する相談に応じています。
詳しくは、お住まいの区のこども保健係にお問い合わせください。

学校給食

食物アレルギーの児童のみなさんに少しでも多く給食を食べていただくために工夫をしています。給食のパンは、卵や乳を含みません。食油は、菜種油、ひまわり油を使用しています。また、加工品では、その内容がわかる資料を作成し、必要な方には、学校から情報をお渡ししています。学校での調理では最終段階で加える卵の除去をしています。牛乳や主食がアレルギーにより食べられない場合は、事前に中止を行えば返金します。アイスクリームやヨーグルトなどがアレルギーのため食べられない場合は乳・卵を含まない代替のデザートを提供します。

市民公開講座 (開講済み)

 平成30年9月9日に兵庫県民会館にて、アレルギーとの付き合い方について、専門の医師からわかりやすくお話していただきました。
 次回の開講は、アレルギー週間(平成31年2月17日〜23日)の時期に予定しています。

アレルギー外来(市民病院群)

小児科でアレルギー外来を開設しています

ダニ・カビに関する相談

住居のダニ・カビに関する相談は各衛生監視事務所で受け付けています。

シックハウス症候群に関する相談

シックハウス症候群に関する相談は東部衛生監視事務所で受け付けています。

問い合わせ :東部衛生監視事務所 電話:078-232-4651

食品のアレルギー表示

平成27年4月1日より食品表示法が施行され、アレルギー表示のルールが変わりました。

相談機関

一般社団法人日本アレルギー学会がアレルギー相談センターを開設しています。アレルギー疾患全般について、電話、FAX、e-mailにより相談を受け付けています。

アレルギーに関する医療機関

アレルギーに関する医療機関の情報、アレルギー専門医(日本アレルギー学会)が検索できます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。