神戸市-KOBE-


ぜん息

最終更新日
2016年6月2日
  • [6月2日]「ぜん息児のスポーツチャレンジ!」を更新しました。

ぜん息イラスト近年、ぜん息をはじめとするアレルギー疾患は増加傾向にあり、文部科学省が行った学校保健統計調査では、ぜん息の子供の割合が最近の10年で約2倍に増えている事が報告されています。
また、こうしたアレルギー疾患については、民間療法も含めて多くの情報があり、正しい情報の取捨選択が難しいとも言われています。

ぜん息とうまくつきあっていくためには、ダニやハウスダストなどを取り除く環境整備や、ぜん息治療の基本となる長期管理薬による薬物療法のほかに、水泳やウォーキングなど発作が起きにくい種目を選んで、楽しみながら体力づくりをすることも大切です。


神戸市では、アレルギー疾患に対する正しい理解や、ぜん息をお持ちのお子さんの体力づくりなどの機会として、以下の事業を開催しています。

ぜん息児のスポーツチャレンジ!

神戸市内に居住し、気管支ぜん息の治療中である3歳〜小学校6年生の児童とその保護者を対象に、「ぜん息と運動」に関する講話や相談会を実施します。
また希望者で、スポーツクラブにまだ通っていない方には、スポーツクラブで利用できる上限1万円分の受講補助対象者証を差し上げます。


運動に対する不安を持たれている方で、これからスポーツを始めようと考えておられる方は、ぜひご参加ください。

詳しくは下記の「ぜん息児のスポーツチャレンジ!」のページをご覧ください。

(独)環境再生保全機構主催 「ぜん息児水泳記録会」のご案内

ぜん息の健康回復や増進を目的に水泳に取り組んでいる、小学生と中学生が一堂に集まり、タイムレースを通じて日ごろの成果を発表し、ふれあいを深める場として、「ぜん息児水泳記録会(関西大会)」が開催されます。

平成27年度は、9月27日(日曜)に大阪プールで開催されます。なお、詳細は以下のリンク先よりご覧ください。

ぜん息予防講演会

ぜん息等に関する最新の情報をお伝えするために、専門家によるぜん息やアレルギーに関する講演会を(独)環境再生保全機構との共催で開催しています。

ぜん息やCOPD、他のアレルギー疾患等の、原因や最新の治療法などについてわかりやすくお話していただきます。


詳しくは下記のぜん息予防講演会のページをご覧ください。


ぜん息の基礎知識

長期に渡る、ぜん息治療には正しい知識と根気強い忍耐力が必要です。ぜん息について、正しく学び、症状と上手く付き合えるよう、心がけましょう。

詳しくは(独)環境再生保全機構のホームページをご覧ください。