神戸市-KOBE-


健康創造都市KOBE

これまで本市では、健診事業や健康教育をはじめとする全市民を対象とした施策を展開してきましたが、近年は少子高齢化や疾病構造の変化と共に健康に対する市民の意識も多様化し、よりきめ細かい健康づくり施策が求められています。
そこで、「健康創造都市KOBE推進会議」を設立し、民間企業や医療関係者等とともに、健康寿命の延伸、健康格差の縮小対策、個人の健康づくり活動と企業の健康経営を通じた市内経済の活性化などへの取り組みを進めていきます。

推進会議

(1)推進会議の構成メンバー

民間企業、経済団体、医療関係団体、研究機関、大学、行政機関等

(2)検討項目

・妊娠期から高齢期までの生活習慣の改善など生涯にわたる健康づくり
・人生の最終段階における本人の尊厳及び意思を踏まえた生き方
・都市環境や地域資源を活かした健康づくり及び健康格差の縮小の取組み
・個人の健康増進のインセンティブ及び企業の健康経営、職場環境づくり
・市内経済の活性化につながる健康ポイントの検討

神戸市健康アプリ

現在、神戸市では、2019年1月から開始予定の健康アプリを開発しています。
このアプリでは、ご自身の健康に関するデータを一括管理でき、また、個人の健康データに基づいた、ICTを活用した保健指導を受けることができます。さらに、ウォーキング等の健康につながる行動に対してポイントがたまり、たまったポイントはがん検診の無料券や健康商品と交換することができるようになる予定です。
(アプリ名は未定です)

◆アプリの情報は、随時このページに更新していきます◆

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。