神戸市-KOBE-


風しん予防接種の助成について

最終更新日
2016年4月1日

 神戸市では、風しんワクチン(麻しん・風しん混合ワクチンを含む)の接種を希望する市民の方で、風しんの抗体が十分でない方を対象に、接種費用の一部を助成します。

助成の対象となる方

接種日現在で神戸市に住民登録があり、かつ下記の(1)〜(3)のいずれかに該当する方

(1) 風しんの抗体が十分でない妊娠を希望する15歳以上43歳未満の女性
(2) (1)の同居者のうち、風しんの抗体が十分でない方
(3) 風しんの抗体が十分でない妊婦の同居者のうち、風しんの抗体が十分でない方

※「風しんの抗体が十分でない」とは、下記の【1】または【2】に該当する方
【1】罹患歴がなく、かつ、予防接種歴がない
【2】採血日が平成27年4月1日以降の検査で抗体価が低い(HI法では抗体価16倍以下をいう)

(注1)予防接種を受ける前は約1か月間避妊するとともに、接種後約2か月間も妊娠しないように注意してください。
(注2)妊娠中の方は風しんの予防接種を受けることが出来ないので、ご注意ください。

助成の期間

平成28年4月1日〜平成29年3月31日


上記の期間内に受けた接種に限り、助成を受けることが出来ます。
(次年度の事業実施は未定です。)

助成額

2,500円


助成を受ける方法

神戸市予防接種契約医療期間で接種を受け、自己負担分をお支払いください。
持参書類は以下の通りです。

・本人の氏名・住所が分かる書類(健康保険証・運転免許証等)
・風しん抗体検査結果票(上記【2】該当者のみ)
・上記助成対象者(2)の方のみ、同居する女性の年齢・住所が分かる書類(健康保険証・運転免許証等)、同居する女性の風しん抗体検査結果票(上記【2】該当者のみ)
・上記助成対象者(3)の方のみ、同居する妊婦の母子健康手帳(または妊婦の住所と抗体検査結果のわかる母子健康手帳のページの写し)

助成を受けることが出来る医療機関

予防接種及び助成を受ける際の注意事項

1)妊娠中の方は接種を受けないでください。また、女性の方が予防接種を受けるにあたっては、予め約1か月間避妊するとともに、接種後約2か月間も妊娠しないように注意してください。
2)医師の判断により予防接種を行わない場合がありますので予めご了承ください。また、この際、診察料が発生した場合には自己負担となります。
3)助成額は、1名につき、「風しん単独ワクチン」もしくは「麻しん・風しん混合ワクチン」のどちらか1回に限り、接種費用の範囲内で2,500円が上限となります。
4)申込書に記入された居住の実態及び風しん抗体検査の結果について確認をさせていただく場合があります。また、虚偽の申込みを行った場合は、助成金の返還を求める場合があります。

お問い合わせ先

問い合わせ先    電話番号
 東灘区保健福祉部健康福祉課  078-841-4131(代表)
 灘区保健福祉部健康福祉課 078-843-7001(代表)
 中央区保健福祉部健康福祉課 078-232-4411(代表)
 兵庫区保健福祉部健康福祉課 078-511-2111(代表)
 北区保健福祉部健康福祉課  078-593-1111(代表)
 北区保健福祉部北神保健福祉課 078-981-8870(代表)
 長田区保健福祉部健康福祉課 078-579-2311(代表)
 須磨区保健福祉部健康福祉課 078-731-4341(代表)
 北須磨支所保健福祉課 078-793-1313(代表)
 垂水区保健福祉部健康福祉課 078-708-5151(代表)
 西区保健福祉部健康福祉課 078-929-0001(代表)
 西神中央出張所保健福祉サービス窓口 078-990-0201(代表)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。