神戸市-KOBE-


感染症発生動向調査 週報

最終更新日
2019年9月19日

神戸市内の感染症の発生状況について、毎週、情報を更新しています。
この週報は速報性を重視しているので、患者数は確定した値ではありません。
今後の調査などの結果に応じて、若干の変更が生じることがありますが、ご了承ください。

2019年(平成31年)週報

9月24日〜30日は結核予防週間です。神戸市では毎年約300人が市内で新たに発病しています。
結核の症状には特徴的なものはなく、咳、痰、微熱や倦怠感など、「風邪」の症状とよく似ています。異なるのはそれらの症状が長引くことです。結核は過去の病気ではなく「いつもと違う風邪」は結核の可能性があることを患者も医師も意識し、早期発見につなげましょう。
今年の標語は「あのとき、○○していれば・・・」です。神戸市HPの結核のページもご覧ください。

週報の情報は、すべてPDFファイルにより提供しています。

過去の週報

平成26年以前の週報について

平成26年以前の週報はホームページに掲載しておりません。ご入用の際は、神戸市保健所までご連絡ください。(TEL:078-322-6789)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。