神戸市-KOBE-


感染症発生状況

最終更新日
2017年3月7日

全数把握感染症(一類から五類)の発生状況

2008年5月からの感染症法の改正に伴い、疾病分類の変更や追加があります。

腸管出血性大腸菌感染症発生状況

感染症法の三類感染症として、無症状病原体保有者を含む症例の報告が、診断した全ての医師に義務付けられています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。