神戸市-KOBE-


KOBEエイズフェスタ2012
2012年7月7日に開催しました!!

最終更新日
2012年7月23日

 2012年7月7日(土曜)の七夕の日に、デュオこうべ内のデュオドームで「KOBEエイズフェスタ2012 一緒に考え、想いを分かち合おう」を開催しました。
 
 当日は、前日まで降り続いた雨も上がり、午後からは日差しも差し込む中、想像以上に多くの皆さんにお立ち寄りいただき、ステージイベントを中心に、会場は大盛況となりました。ご来場いただいた皆さんや関係者の皆さん、本当にありがとうございました。
 
 この場をかりて、当日の会場の様子や、ご来場の皆さんからいただいたメッセージなどをご紹介します。

会場の様子

エイズフェスタ看板 7月7日の七夕の日に開催した「KOBEエイズフェスタ2012 一緒に考え、想いを分かち合おう」
 七夕にちなんで笹をあしらったコーナー等も設け、楽しく過ごしながら、エイズについて考えてもらえるような会場を目指しました。
 
 会場では、フェスタ開催中絶えず歌やダンス・エイズクイズといったパフォーマンスを繰り広げたメインステージを中心にして、エイズ予防啓発やエイズ検査についてのパネル展示、来場者の方にメッセージを書いてもらうメッセージボード、エイズ予防啓発パンフレット等の展示コーナーを設置しました。
 
 当日は、エイズと性感染症の予防を推進し、HIV陽性者と共に生きる地域社会の実現を目指して活動を行っている「エイズ予防サポートネット神戸」からも3団体の皆さんに参加いただき、それぞれに展示等を行っていただきました。

ステージイベント

エイズフェスタ2012ステージ01 会場の中心となったメインステージでは、あのターザン山下さんをMCに迎え、歌やダンスの迫力あるステージが繰り広げられました。
 
 「KOBE BOYS(コウベボーイズ)」、「神戸大学アカペラサークルGhannaGhanna(ガーナガーナ)」といったアカペラグループ、アニソンユニットの「ゆあみ!」、ダンシングチームの「KIRARA」に、パントマイムの「とりおとおる+C」と、様々なジャンルのグループによる熱気溢れるステージングに、大勢の来場者の方も一緒に盛り上がることができました。
 
 また、「エイズ予防サポートネット神戸」からは「ポーポキピースプロジェクト」の皆さんによる、エイズによる差別防止をテーマにした劇が上演されました。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

レクチャーステージ・クイズ大会

エイズフェスタ2012レクチャー1 もちろん、楽しいステージの合間には、エイズ予防啓発に関するステージイベントも行いました。
 
 まずは、エイズ予防や治療に関して名高い、独立行政法人大阪医療センター臨床研究センターエイズ先端医療研究部長の白阪琢磨先生を講師に迎え、レクチャーステージを行いました。
 白阪先生も監修に参加しているDVD「本気でコンドーミング『HIV予防と最新治療』」を上映し、その後、MCのターザン山下さんとエイズに関してのトークが行われました。
 近畿圏での感染の実情や予防のための日常での注意点、そしてHIV陽性者や患者の方へ配慮すべき点等をわかりやすく説明していただきました。
 
 また、ステージでは「知っ得!AIDS HIV クイズ大会」も実施。
 会場の皆さんにエイズに関するクイズを出して答えてもらい、正しい知識を学んでもらいました。
 MCのターザン山下さんの楽しくわかりやすい進行もあって、会場も盛り上がり、回答者の方にはトートバックいっぱいのエイズ予防啓発グッズを差し上げました。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

パネル展示

エイズフェスタ2012パネル1 会場では、HIV/エイズの現状や予防方法などをわかりやすく紹介したパネルやポスター等の展示も行いました。
 他にも、なかなか人には聞きにくいHIVの無料検査の受け方を、写真入りで詳しく説明した検査案内や、ステージでも実施したエイズに関するクイズについても貼り出しました。
 
 ステージイベント等からパネル展示にも興味を持ってもらい、続けて見てくれる来場者の方も多かったようです。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

「エイズ予防サポートネット神戸」による展示

エイズフェスタ2012サポート1 「エイズ予防サポートネット神戸」は、エイズと性感染症の予防を推進し、HIV陽性者と共に生きる地域社会の実現を図るために活動している会です。
 
 当日は「エイズ予防サポートネット神戸」から活動助成を受けている「ふれんどりーKOBE」、「LGBTプライド甲子園」、「ポーポキピースプロジェクト」の3団体の皆さんが、エイズ予防や啓発に関する展示やアンケート調査等を行いました。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

メッセージボード

エイズフェスタ2012メッセージ1 来場された方々には、エイズフェスタのステージや展示を通じて感じたことや想いを、開催日の7月7日の七夕にちなんで、短冊状のメッセージカードに書いてもらい、笹やボードに飾ってもらいました。
 
 また、書いていただいた方には、エイズフェスタのロゴの入ったミニタオルや、エイズ相談窓口の連絡先の入ったボールペンといったグッズをプレゼントしました。
 
 笹をあしらったメッセージボードは、書いていただいた方はもちろん、それ以外にも通りがかった多くの方々の目を引き、書いていただいたメッセージを多くの人に発信することができました。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

パンフレット配布・募金コーナー

エイズフェスタ2012パンフ1 HIV/エイズに関するパンフレットや書籍・コンドーム・神戸市保健所で実施しているHIV無料検査の案内カード等を無料で配布するコーナーも設置しました。
 
 興味を持っていただき、パンフレットを手に取った方の中には「名前は知ってたけど、エイズのことって今まで全然わかってなかった」という方もいて、こういったイベントをきっかけに正しい知識を身につけてくれる人が増えてくれれば嬉しい限りです。
 
 また、コーナーの一角に設置した募金箱には、当日だけで5,194円の浄財をいただきました。募金いただいた方にこの場を借りてお礼申し上げます。
 これらの募金は公益財団法人エイズ予防財団に寄付させていただきました。寄付はエイズに関する正しい知識の普及啓発等に使われます。
 
※下の画像をクリックすると、当日の様子を大きな画像でごらんになれます。

寄せられたメッセージ

 来場者の方に、フェスタを通じて感じたことや想いをこめて書いていただいたメッセージカードは、なんと総数306枚。用意していたカードを笹に結びつけるための紐が足りなくなるほど多くのメッセージをいただきました。
 そのうちの一部を抜粋して、ここにご紹介させていただきます。
 
※下の画像をクリックすると、メッセージカードを大きな画像でごらんになれます。

KOBEエイズフェスタとは

KOBEエイズフェスタ2012 チラシ「KOBEエイズフェスタ」は、平成17年7月に「第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)」が神戸で開催されたことを記念して、毎年7月を「神戸ICAAP記念エイズ月間」と定められたことをうけ、この月間に行われる種々のエイズ対策の一環として実施しているものです。

タイトル

KOBEエイズフェスタ2012  一緒に考え、想いを分かち合おう

開催日時

平成24年7月7日(土曜) 11時〜16時

開催場所

デュオドーム地図JR神戸駅地下 デュオ神戸内 デュオドーム

イベント内容

●ステージイベント(司会:ターザン山下)
 アカペラグループ KOBE BOYS(コウベ ボーイズ)
 アカペラサークル Ghanna Ghanna(ガーナ ガーナ)
 アニソンボーカルユニット ゆあみ!<You & me>
 ストリートダンスステージ
 知っ得! AIDS & HIVクイズ大会 等
●パネル展示
 HIV/エイズの日本および世界各国の現状や予防方法、実際の検査の流れなどをわかりやすく紹介
●メッセージボード
 展示などを通じて感じたことを書いてもらい掲示
  →書いてくださった方々に粗品をプレゼント
●予防啓発グッズや検査カード配布   
●募金活動
●7月の「神戸エイズ月間」および12月の「世界エイズデー」の告知、PR活動

入場料

無料