神戸市-KOBE-


スズメバチ

スズメバチと上手につき合おう

最終更新日
2014年4月1日

注目神戸市では、<駆除が必要な場合>に限り、委託業者による駆除を行います。
駆除を希望される場合は、「神戸市ハチ相談ダイヤル」にご相談ください。

スズメバチの見分け方

スズメバチスズメバチは、ハチの中でも最も大型の種類で、一般的に攻撃性が強く、巣を守るために人を襲うことがあります。
巣は低木の枝に作ることが多く、人家の生垣や庭木、軒先にもつくります。
種類によっては、土の中や樹木の穴につくることもあります。

巣の形は、初期は徳利(とっくり)を逆さまにした形、大きくなると丸いボール型となり、出入り口は1か所しかありません。

春から初夏にかけて、越冬からさめた女王バチが巣をつくり、卵を産みつけます。

注目巣づくりをはじめたばかりの頃は、巣は小さく、女王バチだけなので、比較的簡単に巣を取り除くことができます。

6月中旬ごろから働きバチが羽化しはじめると巣が急速に大きくなり、9月下旬から10月上旬ごろには最大になります。

注目巣が大きくなるほど、ハチの数も増え、攻撃的になります。

冬になると働きバチは死に絶え、交尾した女王バチだけが巣をはなれ木の中や土中で単独で冬を越します。

注目巣は1年限りで捨てられます。残った巣は、翌年には利用されることはありません。

こんなときに注意

巣があるのを気づかずに生垣などを剪定してしまい、ハチを刺激して刺されることがあります。

ハチが周囲を飛びはじめたら、そっと体を低くして静かに後ずさるようにして離れましょう。

スズメバチの巣ができてしまったら

危険のない場所にある場合は、無理に駆除をせず、そっとしておきましょう。

注目神戸市では、<駆除が必要な場合>に限り、委託業者による駆除を行います。
駆除を希望される場合は、「神戸市ハチ相談ダイヤル」にご相談ください。

市で駆除する場合の注意事項

1.駆除作業は、原則として平日に行います(作業日時は、作業業者と直接打ち合わせをしていただきます)。

2.駆除作業は、立ち会いが必要です。

3.駆除作業は、原則として無料で行いますが、巣の場所により特殊な作業が必要な場合は、特殊作業にかかる実費を負担していただく場合があります。

スズメバチの巣の駆除方法

スズメバチの巣をご自分で駆除するときは、女王バチだけが単独で巣づくりしている、5月上旬までの小さな巣(徳利を逆さにした形)のうちに行います。

注意働きバチが羽化し、ボール型に大きくなった巣の駆除は大変危険ですので、「神戸市ハチ相談ダイヤル」にご相談ください。

注意巣が小さい場合でも、処置を誤ると危険な場合がありますので、安全に十分に注意してください。

服装

厚手の長袖シャツ、手袋を着用し、首にタオルを巻く、帽子やヘルメットをかぶるなど、なるべく体の露出部分をなくして行います。

殺虫剤

市販のスプレー式殺虫剤を用意します。
殺虫剤は薬局やホームセンターなどで安価に購入できます。
最近では、ガス圧の高い、ハチ専用の殺虫剤も販売されています。

駆除作業

1.夜間に周囲に明かりがないことを確認し、風上に立って、市販のスプレー式殺虫剤を吹き付けます。

注目暗闇ではハチの活動が鈍るので、比較的安全に作業することができます。

注目巣の真下から噴霧すると、上からハチが降ってきて危険ですので、巣の斜め下または横から吹き付けます。

2.翌朝、明るくなってから、女王バチが巣にいなくなったのを確認し、棒などで巣を落としてください。

3.昼間に作業を行うときは、女王バチが巣から離れたときに行います。棒などで巣を落とし、殺虫剤を吹き付けます。

注目燃えるゴミとして処分できます。巣や死んだハチは素手で触らず、ホウキ等で集めて袋に入れましょう。

ハチについてのご相談は「神戸市ハチ相談ダイヤル」まで

ご自宅のハチについての電話相談

ご自宅訪問(希望される場合)

神戸市ハチ相談ダイヤル (委託事業者 (一社)兵庫県ペストコントロール協会)

0120−947−988 (平日8時45分から17時30分)

注目ご自宅訪問、スズメバチ・ミツバチの巣の駆除には、立ち会いが必要です。
空家・隣家などに許可なく立ち入ることはできません。
まずは、所有者・管理者にご相談ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。