神戸市-KOBE-


セアカゴケグモに注意しましょう

最終更新日
2016年3月7日
  • ポスターを掲載しました。

もともとは、オーストラリアを原産地とする毒グモですが、国内では平成7年に大阪府ではじめて発見され、現在では臨港部を中心として関東以南を中心に生息が確認されています。神戸市でも全ての区で生息が確認されています。

セアカゴケグモを見つけたら

セアカゴケグモを見つけたら攻撃性のないおとなしいクモですので過度に恐れる必要はありません。
また、暖かくなると活動をはじめますが、寒いときはじっとしています。
毒をもっていますが、牙が短いため、素手で捕まえようとしたり、うっかり触ってしまわない限り、咬まれることはありません。
発見した場合は、市販の殺虫剤を散布したり、踏み潰すことにより駆除してください。
(薬剤を吹き付けても卵のう内の卵・幼虫は生きているので注意が必要です。)

セアカゴケグモの特徴

セアカゴケグモの生息場所

排水溝の側面やフタの裏、屋外のブロックの中、墓石の隙間やくぼみなど

注意事項

セアカゴケグモを発見しても、素手で触ったり捕まえたりしないようにしましょう。
溝などを掃除するときは、軍手を使用するなどして、うっかり咬まれないように注意してください。
屋外に置いているサンダル等を履くとき、洗濯物を取り込むときも、よく確認しましょう。

万が一咬まれてしまったら、咬まれた部位をすぐに水で洗って清潔にして、医療機関の診察を受けましょう。痛みや腫れ・赤くなるなどの症状のほか、まれに全身がだるくなったりすることがあります。
(可能であれば咬んだクモを殺して持参すると、より適切な治療につながります)

その他のゴケグモ

ハイイロゴケグモ写真神戸市内では、同じく毒グモであるハイイロゴケグモも発見されています。体色は黒・茶・灰色で背中に模様があり、腹部の裏側にはセアカゴケグモと同様の赤い砂時計模様があります。発見した場合は、セアカゴケグモと同様に対処してください。(写真提供:環境省)

各衛生監視事務所の所在地と電話番号

セアカゴケグモかどうかの確認や駆除方法については、下記の衛生監視事務所までご相談ください。

東灘区、灘区、中央区にお住まいの方

東部衛生監視事務所
神戸市中央区雲井通5−1−1(中央区役所内8階)
(078)232−4651

兵庫区、長田区、須磨区にお住まいの方

西部衛生監視事務所
神戸市長田区北町3−4−3(長田区役所内5階)
(078)579−2660

北区にお住まいの方

北衛生監視事務所
神戸市北区鈴蘭台西町1−25−1(北区役所内3階)
(078)593−3250

垂水区にお住まいの方

垂水衛生監視事務所
神戸市垂水区日向1−5−1(垂水区役所内2階)
(078)708−6230

西区にお住まいの方

西衛生監視事務所
神戸市西区玉津町小山字川端180−3(西区役所内3階)
(078)929−0550

(参考)特定外来生物

セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモは、特定外来生物に指定されており、飼育や移動などが禁止されています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。