神戸市-KOBE-


飼い犬の登録と狂犬病予防注射について

最終更新日
2018年5月1日

飼い犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射は、飼い主の義務です(狂犬病予防法)

犬の登録

鑑札の画像生後91日以上の犬の飼い主は、犬の所在地の市町村に登録をすることが義務付けられています。
登録は犬の生涯に1回です。登録の証として「鑑札」が交付されます。(交付手数料3,000円)
「鑑札」は、必ず犬の首輪などにつけてください。万が一迷子になった場合でも、すぐに飼い主がわかります。

狂犬病予防注射

注射済票の画像生後91日以上の犬の飼い主は、毎年1回、4月から6月の間に、狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられています。
注射を受けた後には、必ず「注射済票」の交付を受けてください。(交付手数料550円)
「注射済票」も、必ず犬の首輪などにつけてください。万が一迷子になった場合でも、すぐに飼い主がわかります。

神戸市に登録のある犬の飼い主の方には、毎年3月末ごろに、注射の案内の封筒を郵送しています。
注射を受けるときは、この封筒を、集合注射会場又は動物病院にお持ちください(注射の案内がなくても注射は受けられます)。

登録と鑑札の交付、注射済票の交付の手続き

注意喚起郵送での手続きができるようになりました(交付手数料はコンビニエンスストアでの納付になります)

狂犬病とは

狂犬病とは、「狂犬病ウイルス」でおこる動物由来感染症です。
犬はもちろん、人など全ての哺乳動物に感染します。人が感染して発症すると、ほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。人の場合は、狂犬病に感染した犬などに咬まれて感染することが多いと言われています。

世界中ほとんどの国で発生があり、毎年何万人もの方が狂犬病で亡くなっています。現在日本では、狂犬病予防注射の徹底などにより、狂犬病を撲滅し、発生はありませんが、狂犬病に感染した動物が不法に日本に持ち込まれるなどして、いつ日本で狂犬病が発生するかはわかりません。

狂犬病を予防するには、狂犬病予防注射を行う以外に方法はありません。
万が一、狂犬病が日本に入ってきても、70%以上の犬が狂犬病予防注射を受けていれば、まん延は防ぐことができます。
狂犬病予防注射は、狂犬病が日本に侵入した場合に、犬にまん延することを防いで、犬から人に感染することを防ぎます。愛犬と飼い主を守るだけでなく、多くの人の安全のために必要です。

はじめて犬の登録と狂犬病予防注射を行う場合の手続き

注射場所により手続きが異なります。手続き方法が選べる場合もありますので、ご都合に合わせてご利用ください。

●集合注射会場・(公社)神戸市獣医師会所属の動物病院で注射をした場合

注射を受けた後、その場で手数料を納付し、「鑑札」と「注射済票」を受け取ってください。
(別に注射料金がかかります。料金は動物病院により異なります)

◆登録手数料 3,000円
◆注射済票交付手数料 550円

●その他の動物病院で注射をした場合(注射は神戸市内に限らず全国の動物病院で受けることができます)

〇郵送による手続き

1 必要事項を記入した登録申請書と、注射を行った獣医師が発行した「狂犬病予防注射済証」を、(公社)神戸市獣医師会事務局に郵送してください。
2 事務局より、手数料の納付書を郵送しますので、コンビニエンスストアで納付してください。
3 事務局より、「鑑札」と「注射済票」を郵送します。「狂犬病予防注射済証」も合わせてお返しします。

◆登録手数料 3,000円
◆注射済票交付手数料 550円

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

〇一部の(公社)神戸市獣医師会所属の動物病院での手続き(飼い主本人による申請に限ります)

1 注射を行った獣医師が発行した「狂犬病予防注射済証」を、対象の動物病院にお持ちください。
2 窓口備え付けの登録申請書に記入のうえ、手数料を納付し、「鑑札」と「注射済票」を受け取ってください。「狂犬病予防注射済証」も合わせてお返しします。

◆登録手数料 3,000円
◆注射済票交付手数料 550円

ペットショップや以前の飼い主が登録を済ませている場合があります。
登録の有無を、あらかじめ確認してください。登録がある場合は,犬の登録事項が変わったときの手続きが必要です。
登録のある犬を譲渡するときは、「鑑札」を必ず新しい飼い主に渡してください。

犬の登録だけを行う場合の手続き

〇郵送による手続き

1 必要事項を記入した登録申請書を、(公社)神戸市獣医師会事務局に郵送してください。
2 事務局より、手数料の納付書を郵送しますので、コンビニエンスストアで納付してください。
3 事務局より、「鑑札」を郵送します。

◆登録手数料 3,000円

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

年1回の狂犬病予防注射を受けた後の手続き

注射場所により手続きが異なります。手続き方法が選べる場合もありますので、ご都合に合わせてご利用ください。

●集合注射会場・(公社)神戸市獣医師会所属の動物病院で注射をした場合

注射を受けた後、その場で手数料を納付し、「注射済票」を受け取ってください。
(別に注射料金がかかります。料金は病院により異なります)
◆注射済票交付手数料 550円

●その他の動物病院で注射をした場合(注射は神戸市内に限らず全国の動物病院で受けることができます)

〇郵送による手続き

1 注射を行った獣医師が発行した「狂犬病予防注射済証」を、(公社)神戸市獣医師会事務局に郵送してください。
2 事務局より、手数料の納付書を郵送しますので、コンビニエンスストアで納付してください。
3 事務局より、「注射済票」を郵送します。「狂犬病予防注射済証」も合わせてお返しします。

◆注射済票交付手数料 550円

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

〇一部の(公社)神戸市獣医師会所属の動物病院での手続き(飼い主本人による申請に限ります)

1 注射を行った獣医師が発行した「狂犬病予防注射済証」を、対象の動物病院にお持ちください。
2 手数料を納付し、「注射済票」を受け取ってください。「狂犬病予防注射済証」も合わせてお返しします。

◆注射済票交付手数料 550円

犬の登録事項が変わったとき(住所変更、飼い主の変更など)の手続き

手続き方法が選べますので、ご都合に合わせてご利用ください。

神戸市内での変更(市内での転居、飼い主氏名の変更、所有者の変更等)

〇電話による手続き

(公社)神戸市獣医師会事務局(犬の登録専用番号078-862-1101)又は、住所地の衛生監視事務所に、変更事項を届け出てください。

〇郵送による手続き

必要事項を記入した届出書を、(公社)神戸市獣医師会事務局へ郵送してください。

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

〇インターネットでの手続き

「兵庫県電子申請共同運用システム(e-ひょうご)」で手続きができます(手続き名称:犬の登録事項変更)。
くわしくは、電子申請のページをご覧ください。

神戸市外からの転入(市外からの転居、市外の所有者からの譲渡等)※市外での登録がない場合は新規登録になります

〇市の窓口での手続き

1 区役所(保健福祉部健康福祉課・支所)の窓口に、旧住所地の「鑑札」をお持ちください。
2 神戸市の「鑑札」と無償で交換します。
3 旧住所地の「鑑札」を紛失している場合は、再交付手数料が必要です。「旧所在地での登録が確認できる書類※」があればお持ちください。
※ 旧所在地発行の予防注射通知書など、鑑札番号や登録情報が記載されたもの
※ 登録が確認できる書類がない場合は、旧所在地での住所・飼い主等の情報を窓口で確認させていただきます。
◆再交付手数料 1,600円

〇郵送による手続(旧住所地の鑑札がある場合)

1 必要事項を記入した登録申請書、届出書と旧所在地の鑑札を、(公社)神戸市獣医師会事務局に郵送してください。
※鑑札は、届出書にセロハンテープではがれないように貼ってください。
2 事務局より、神戸市の「鑑札」をお送りします。
郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

〇郵送による手続き(旧住所地の鑑札を紛失している場合

1 必要事項を記入した登録申請書、届出書と「旧所在地での登録が確認できる書類の写し※」を、(公社)神戸市獣医師会事務局に郵送してください。
※ 旧所在地発行の予防注射通知書など、鑑札番号や登録情報が記載されたもの
※ 登録が確認できる書類がない場合は、事務局(犬の登録専用番号078-862-1101)に直接ご連絡ください。
2 事務局より、手数料の納付書を郵送しますので、コンビニエンスストアで納付してください。
3 事務局より、神戸市の「鑑札」をお送りします。

◆鑑札再交付手数料 1,600円

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

神戸市外への転出

神戸市外に転出するとき、神戸市外の飼い主に犬を譲渡するときは、神戸市での手続きは必要ありません。
新所在地の窓口(市役所、区役所、保健所等)に、神戸市の「鑑札」を持参し、転入手続きをしてください。
犬を譲渡するときは、神戸市の「鑑札」を必ず新しい飼い主に渡してください。

犬が死亡したときの手続き

手続き方法が選べますので、ご都合に合わせてご利用ください。

〇電話による手続き

(公社)神戸市獣医師会事務局(犬の登録専用番号078-862-1101)又は、住所地の衛生監視事務所に届け出てください。

〇郵送による手続き

必要事項を記入した届出書を、(公社)神戸市獣医師会事務局へ郵送してください。

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

〇インターネットでの手続き

「兵庫県電子申請共同運用システム(e-ひょうご)」で手続きができます(手続き名称:犬の死亡届)。
くわしくは電子申請のページをご覧ください。

鑑札・注射済票を紛失したときの手続き(再交付手数料がかかります)

手続き方法が選べますので、ご都合に合わせてご利用ください。

市の窓口での手続き

区役所(保健福祉部健康福祉課・支所)の窓口で、手数料を納付し、新しい「鑑札」又は「注射済票」を受け取ってください。

◆鑑札再交付手数料 1,600円
◆注射済票再交付手数料 340円

郵送による手続き

1 必要事項を記入した申請書を(公社)神戸市獣医師会事務局へ郵送してください。
2 事務局より、手数料の納付書を郵送しますので、コンビニエンスストアで納付してください。
3 事務局より、新しい「鑑札」又は「注射済票」をお送りします。

◆鑑札再交付手数料 1,600円
◆注射済票再交付手数料 340円

郵送先
〒651-0083 神戸市中央区浜辺通4−1−23 三宮ベンチャービル525号
(公社)神戸市獣医師会 事務局 電話 078-862-1101(犬の登録専用番号)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。