神戸市-KOBE-


学校飼育動物ふれあい事業について

ウサギの鼓動を聞く児童 平成13年度から動物愛護の普及促進を目的に、公益社団法人神戸市獣医師会の協力により、教育委員会より推薦を受けた市立小学校(毎年5校)で、飼育動物の飼い方指導やふれあい教室等の事業を行っています。

ふれあい教室の概要

 小学校で飼育している動物とのふれあいを通じて命の大切さを伝える「ふれあい教室」を実施しています。
また、正しい飼い方や扱い方を知ってもらい、飼育動物のケガや病気の予防を推進しています。
 
※ ふれあい教室の例
 講義(ウサギの飼い方や扱い方等について)
 実習(ウサギの抱き方、聴診器でウサギの鼓動と自分の鼓動を聞き比べる)
 質問(ウサギや他の動物について)