神戸市-KOBE-


神戸市人と猫との共生に関するガイドライン

 「神戸市人と猫との共生に関する条例」が平成29年4月に施行されました。この条例は、猫のトラブルや殺処分を減らして、「人と猫が共に生きるまち神戸」をめざすものです。
 平成31年3月、条例に基づき組織された「神戸市人と猫との共生推進協議会」が、人と猫が共生する社会を実現するために、猫に関わる全ての人たちを対象とした、それぞれの立場の人たちが何をすべきかをまとめたガイドラインを策定しました。

ガイドラインの概要

猫によるトラブルと殺処分のない「人と猫が共生する社会」のためには、「飼い猫・野良猫にかかわらず、全ての猫が適正に管理されていること」が必要です。このため、ガイドラインでは、以下の3点を提唱し、市民の皆さんがそれぞれの立場で心がけていただきたいことをまとめています。

1. 飼い猫は飼い主の責任で適正飼育する
2.野良猫は適正に管理し、不妊去勢手術と譲渡により数を減らしていく
3.猫に関わる全ての人が人と猫との共生を目指し、それぞれの責務・役割を果たしていく

ガイドラインの配布場所

ガイドライン及び概要版は以下の場所で配布しています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。