神戸市-KOBE-


地域猫活動について

最終更新日
2017年4月28日

地域の猫について考えよう!

地域には、猫が好きな人もいれば、野良猫で迷惑をしている人もいます。
人と猫が、共に幸せに暮らすためにはどうすればよいのでしょうか。

地域猫活動とは?

地域猫活動とは、
地域の理解のもと、野良猫の不妊去勢手術を行うとともに、
地域の住民等の有志により、野良猫を適正に管理していくことで、
野良猫の数とトラブルを減らしていく取り組みです。

猫の世話をしている方は、手術の状況や猫の数などの活動状況を、地域のみなさんに報告しましょう。
地域のみなさんには、地域でくらす猫の一代限りの命を見守っていただきますようお願いします。

地域猫の約束(1) 不妊去勢手術

V字カットの猫今いる猫はこれ以上増やしません。
不妊去勢手術には、臭いや鳴き声を少なくする効果もあります。

耳先のV字カットは不妊去勢手術済の目印。
もう子猫を増やすことはありません。

地域猫の約束(2) 適正なエサやり

適正なエサやりエサやりは決まったところでします。
エサや容器は置きっぱなしにせず、きちんと片づけます。

地域猫の約束(3) トイレの世話

適正な掃除トイレの場所を管理して、
ウンチとおしっこの掃除をします。

地域猫活動団体の登録をお願いします(腕章を交付します)

神戸市では、地域で野良猫の数とトラブルを減らしていく取り組みとして、地域猫活動を推進しています。
野良猫の世話をされているみなさん、「地域猫活動団体」として登録して、一緒に神戸市を人と猫が共生するまちにしていきましょう。

登録団体には、責任をもって地域猫活動を行う団体である証として、腕章を交付します。

地域猫活動は、管理する猫がその寿命を全うするまで地域で見守る、息の長い取り組みです。
管理する猫の不妊去勢手術が済んでいる団体さんも、ぜひ登録して活動を続けてください。

登録の条件

申し込み方法

衛生監視事務所に事前相談をしたうえで、申請してください。 
(登録は、毎年手続きが必要です)

平成29年度募集 平成29年5月1日〜

地域猫活動団体のみなさんへ

地域のみなさんと仲良く活動してください。

地域猫活動団体への支援があります

神戸市人と猫との共生推進協議会では、
地域のみなさんが行う地域猫活動等への支援として、
地域猫活動団体などが、協議会の計画に基づいて、野良猫の捕獲や病院への搬入等を行う場合、
協議会が不妊去勢手術費用を負担します。
(神戸市による助成制度はなくなりました)

神戸市人と猫との共生推進協議会とは

平成29年4月に施行された「神戸市人と猫との共生に関する条例」に基づいて、
人と猫との共生をめざして活動するために、
神戸市獣医師会やNPO、地域団体等が設立した団体です。

平成28年度に助成を受けた団体の方へ

平成28年度の活動状況について、神戸市への報告をお願いします。

地域猫活動についての相談や申請は

東灘区、灘区、中央区にお住まいの方
東部衛生監視事務所(中央区役所内)  078−232−4651
 
兵庫区、長田区、須磨区にお住まいの方
西部衛生監視事務所(長田区役所内)  078−579−2660
 
北区にお住まいの方
北衛生監視事務所(北区役所内)  078−593−3250
 
垂水区にお住まいの方
垂水衛生監視事務所(垂水区役所内)  078−708−6230
 
西区にお住まいの方
西衛生監視事務所(西区役所内)  078−929−0550

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。