神戸市-KOBE-


平成29年度 子宮頸がん検診無料クーポン券の配布

最終更新日
2017年4月1日

 子宮頸がんは20代〜30代の女性に多いがんです。
 がんが進行すると、死亡に至らないまでも健やかな日常生活を奪われることにつながります。がんを初期の段階で発見するには定期的な検診が必要です。
 がんに関する正しい健康意識の普及啓発を図るとともに、受診促進を図ることを目的として、下記の対象年齢の方へ「がん検診無料クーポン券」を送付いたします。 

※平成29年4月20日時点での住民登録をもとに、直接送付します。事前申込は不要です。
※自覚症状のある方は、検診ではなく速やかに医療機関で医師の診察を受けてください。
※検診部位の病気等で治療中または経過観察中の方については、誠に恐縮ですが、検診は不要の場合が多いため、主治医にご相談ください。

配付対象者

平成29年4月20日現在、神戸市に住民登録があり、かつ、次の対象の方。

子宮頸がん検診無料クーポン券送付対象者
平成8年4月2日〜平成9年4月1日生まれの方

クーポン券の発送時期

クーポン券は平成29年6月中旬に対象者に発送する予定です。

受診できる検診内容

検診実施場所

指定医療機関

市外から転入されてきた方へ

神戸市へ転入されてきた方で、上記の配布対象者に該当される方には、神戸市のクーポン券を発行いたします。クーポン券の発行には申請が必要です。


※旧住所地にて、既にクーポン券で受診済の方には、神戸市のクーポン券は発行できません。
※神戸市が発行するクーポン券の有効期限は、平成29年3月31日までです。

申請に必要な書類

(1)無料クーポン券発行申請書
(2)神戸市の住所・氏名・生年月日が確認できるもの(健康保険証等や免許証など身分証明書の写し。運転免許証の場合は、変更部分がわかるよう両面)
(3)転出前の市区町村で発行されたがん検診無料クーポン券(未使用のもの)をお持ちの方は、その原本を添付してください。


下記の担当課にお電話いただければ、発行申請書類を送付いたします。
次の様式をダウンロードしたものでもご使用いただけます。

送付先

下記の担当課へ必要書類を揃えて送付してください。

平成29年4月1日以降に神戸市子宮頸がん検診を受診されている方へ

平成29年4月1日以降、クーポンが届くまでに、神戸市のがん検診制度を利用して子宮頸がん検診を受診されている方は、自己負担金の還付申請ができます。
(今回対象者としてお送りするクーポンと同じ検診に限ります。)
【還付ができない検診】
神戸市の制度以外で受けた検診(保険診療で受けた検診、自費で受けた検診、人間ドック、職場の健診等で受けた検診など)は還付ができません。

還付申請に必要な書類

(1)神戸市新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業自己負担金返戻申請書兼請求書
(2)未使用のクーポン券(原本)
(3)運転免許証、健康保険証等の本人確認できるもののコピー(受診日時点の住所がわかるもの)
(4)領収書(医療機関の名称・所在地あるいは検診機関名、受診者氏名、受診年月日、領収金額、領収日が明記)
(5)本人名義の通帳またはキャッシュカードのコピー(見開きの口座番号、名義人カナ氏名が印刷されている部分またはキャッシュカードのコピー等)


下記の担当課にお電話いただければ、返戻申請書類を送付いたします。
次の様式をダウンロードしたものでもご使用いただけます。

送付先

下記の担当課へ必要書類を揃えて送付してください。

担当課・書類送付先

〒650−8570(住所不要)
神戸市保健福祉局保健所保健課
がん検診担当


問い合わせ
TEL:078-322-6515
(土・日・祝を除く 8時45分〜12時、13時〜17時30分)