神戸市-KOBE-


神戸市では妊婦健康診査の公費助成を実施しています

最終更新日
2017年9月29日

神戸市では、市内にお住まいの妊婦の方に対し妊婦健康診査受診券を交付し、妊婦健康診査の公費助成を実施しています。

平成29年10月より交付する券の種類が変わります

妊娠の届出をする時期により、交付する券が妊婦健康診査補助券(以下、補助券という)から妊婦健康診査受診券(以下、受診券という)に変わります。
健診費用が補助券または受診券の助成上限額を上回ったときは、超過分は自己負担(有料)となります。

 
<平成29年9月までに妊娠の届出をされた方>
補助券を交付しています。平成29年4月以降の1人あたりの助成上限額は120,000円です。
補助券の種類(助成額)枚数備  考
基本的な検査の補助券(5,000円)14枚1回の健診ごとに1枚のみ使用可能
その他の検査の補助券(2,000円)18枚1回の健診で複数枚使用可能
その他の検査の補助券(1,000円)18枚1回の健診で複数枚使用可能
 

 
<平成29年10月以降に妊娠の届出をされた方>
受診券を交付しています。1人あたりの助成上限額は120,000円です。
受診券の種類(助成上限額)枚数備  考
基本健診受診券
(5,000円)
14枚1回の健診ごとに1枚のみ使用可能
血液検査等受診券@
(15,000円)
1枚1回の健診ごとに1枚のみ使用可能
(血液検査等受診券同士の組み合わせは不可)
血液検査等受診券A
(4,000円)
1枚
血液検査等受診券B
(3,000円)
1枚
超音波等その他検査受診券@ 
(3,000円)
4枚1回の健診で複数枚使用可能
超音波等その他検査受診券A 
(2,000円)
8枚
 
 

平成29年4月より助成上限額が増額されました

平成29年4月1日より助成上限額が120,000円に増額されました。
平成29年3月以前に母子健康手帳を交付済みで4月以降も妊娠継続中の方にも差額分を追加交付します。

受診券の受け取り方法

妊娠の届出時にお渡しします。
受診券は、交付後の健診で使用できます。

神戸市に転入された方へ

市外から神戸市に転入された方は、区役所・支所のこども保健係の窓口まで、母子健康手帳と前住所地で受け取った受診券をご持参ください。
神戸市の受診券は交付後の健診で使用できます。市民課で転入手続き後、こども保健係にお立ち寄りください。

神戸市外へ転出される方へ

神戸市外へ転出されると神戸市の補助券および受診券は使用できませんので、転出先の自治体で手続きが必要です。妊婦健康診査公費助成制度は自治体により制度が異なりますので、詳細は転出先の自治体にお問い合わせください。
兵庫県外で妊婦健康診査を受けられた方は里帰り助成金の申請を必ず転出前に済ませてください。

受診方法 

受診できる医療機関・助産所

県外で受診される方へ

県外(国内)の医療機関で受診された場合は、事後に費用の一部の助成をします。

低所得の方への助成

神戸市では、この他に低所得者の方に先天性代謝異常等検査の採血料公費負担や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)等療養援護費支給などを行っております。

低所得者とは、助成対象になる世帯の所得税課税年額15,000円以下である場合をいいます。
手続きには、助成対象世帯であることを証明する書類と母子健康手帳、印鑑等必要なものがありますのでお問い合わせください。

問い合わせ先

名称電話番号
東灘区こども保健係078-841-4131(代)
灘区こども保健係078-843-7001(代)
中央区こども保健係078-232-4411(代)
兵庫区こども保健係078-511-2111(代)
北区こども保健係078-593-1111(代)
北区北神支所こども保健係078-981-1748(直)
長田区こども保健係078-579-2311(代)
須磨区こども保健係078-731-4341(代)
須磨区北須磨支所こども保健係078-793-1414(直)
垂水区こども保健係078-708-5151(代)
西区こども保健係078-929-0001(代)
こども家庭局こども家庭支援課母子保健係078-322-6513(直)
 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。