神戸市-KOBE-


臨時福祉給付金のおしらせ

最終更新日
2016年8月18日
  • 高齢者向け臨時福祉給付金の申請を受け付けています。(平成28年8月31日まで)
  • 平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族基礎年金受給者向け臨時福祉給付金の対象になると見込まれる方には、9月上旬以降、順次申請書を送付する予定です。
  • それぞれの臨時福祉給付金についてのお問い合わせは、神戸市臨時福祉給付金コールセンターへ(電話番号050−3161−1253)。おかけ間違いのないようにお願いします。
  • 臨時福祉給付金をかたった振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください!

高齢者向け臨時福祉給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)

国の施策として、賃金引上げの影響が及びにくい高齢者の皆さんのうち、所得の少ない方に給付金を支給します。

支給対象者

次の1から5までをすべて満たす方

1 平成27年1月1日現在、神戸市内に住民登録がある
2 平成28年度中に65歳以上になる(昭和27年4月1日以前に生まれた)
3 平成27年度分の市民税が課税されていない
4 平成27年度分の市民税が課税されている方の扶養親族等になっていない
5 平成27年1月1日現在、生活保護を受給していない

支給額

対象者一人につき3万円(1回限り)

申請期間

平成28年5月12日(木曜)から平成28年8月31日(水曜)まで(消印有効)

対象になると見込まれる方へは、すでに申請書を送付しています。

申請方法

平成28年度臨時福祉給付金(簡素な給付措置)

国の施策として、消費税率の引き上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金を支給します。

支給対象者

次の1から4までをすべて満たす方

1 平成28年1月1日現在、神戸市内に住民登録がある
2 平成28年度分の市民税が課税されていない
3 平成28年度分の市民税が課税されている方の扶養親族等になっていない
4 平成28年1月1日現在、生活保護を受給していない

支給額

対象者一人につき3千円(1回限り)

申請期間

平成28年9月15日(木曜)から平成29年2月15日(水曜)まで (消印有効)

申請方法

障害・遺族基礎年金受給者向け臨時福祉給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)

国の施策として、賃金引上げの影響が及びにくい障害・遺族基礎年金の受給者のうち、所得の少ない方に給付金を支給します。

支給対象者

平成28年度臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象者のうち、平成28年5月分の障害基礎年金(※)または遺族基礎年金等を受給している方

※昭和61年3月以前に受給権が発生した障害年金のうち、障害基礎年金に相当する障害等級が1級または2級(船員保険の職務上の障害年金は1〜5級)の障害年金を含みます。

支給額

対象者一人につき3万円(1回限り)
※平成28年度臨時福祉給付金(対象者一人につき3千円)とあわせて支給します。

申請期間・申請方法

申請期間及び申請方法は、平成28年度臨時福祉給付金と同じです。

それぞれの臨時福祉給付金に関するお問い合わせ先【神戸市臨時福祉給付金コールセンター】

番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願いします。

電話番号 050−3161−1253 (有料:市内通話料金)

受付時間:午前9時から午後6時まで(土曜、日曜、祝日も受付、年末年始を除く)

ファックス番号 078−221−1740

制度一般のお問い合わせはこちら 【厚生労働省専用ダイヤル】 0570−037−192

受付時間:午前9時から午後6時まで(平成28年12月18日までは、土曜、日曜、祝日も受付)

【ご注意ください】臨時福祉給付金をかたった不審な事案が全国的に発生しています!

神戸市が、臨時給付金を支給するために、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いしたり、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

(事案の例)
・厚生労働省をかたる者から、給付金の支給が決まったので、指定の電話番号に電話するよう告げられ、一方的に電話が切れる。
・携帯電話から指定の電話番号に連絡し、ガイダンスに沿って操作すると、電話が切れてすぐにメールが届く。
・メールを開くと、銀行名や口座番号などの口座情報を入力するように促される。

振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください!(ご家族やお知り合いの方にもお知らせください)