神戸市-KOBE-


移動支援事業(ガイドヘルプ)

最終更新日
2018年4月1日

障害者福祉施策
在宅福祉サービス「在宅障害者支援」
屋外での移動が困難な障害者に外出介助を行うガイドヘルパーを派遣します。

お知らせ

平成28年6月28日付障障発0628第1号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課長通知にて同行援護等の取扱いについて通知がありました。ついては、移動支援についても同様の取扱いとします。

支援の内容

・外出時の移動の介護、介助
・外出先での排泄、食事等の介護、介助、代筆、代読等
・外出に伴い必要と認められる身の回りの世話

対象となる方

・18歳以上
 1)肢体障害者  車いすを常用し自走が困難で下記に該当する者
            ・上肢と下肢に障害がある1級または2級の者
            ・上肢と体幹に障害がある1級または2級の者
 2)知的障害者  療育手帳所持者
 3)精神障害者  精神障害者保健福祉手帳所持者
 4)難病患者等  上記の者と同等と市長が認める者



・18歳未満
 小学生以上
 要件は18歳以上と同じ
 療育手帳がないA、B1、B2程度の障害児も利用可能

利用にかかる手続き

サービスの利用にあたっては、移動支援サービスの利用申請を区役所におこない、利用者証の交付を受け、認定移動支援事業者と契約することが必要となります。
  窓口:区保健福祉部(福祉事務所)
     障害者地域生活支援センター

利用料について

原則として、サービスにかかる費用の1割をご負担いただきます。
また、サービス提供に伴う実費(外出に付き添う際のヘルパーの交通費等)も自己負担となります。

本人の属する世帯の収入等に応じて利用者負担上限月額を設定しています。
(「障害福祉サービス制度・地域生活支援事業のご案内」のp8参照)

関連事業

施設利用事業

医療費助成

高齢者の方を対象とした在宅福祉サービスあんしんの輪「在宅福祉サービス」

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。