神戸市-KOBE-


障害理解の促進・啓発の取り組みについて

神戸市では市民のみなさんが障害を理解し、障害のある人もない人も、誰もが安全安心に暮らしていけるよう障害に対する理解の促進を図っています。また、平成28年4月に施行された障害者差別解消法で求められる障害者に対する不当な差別の禁止や障害者に対する合理的な配慮にむけた取り組みをすすめています。

障害理解啓発講座

それぞれの障害の特性を理解し、障害のある方がどのようなことに困っているかなどについて知っていただくための啓発講座を実施しています。

障がいサポーター養成講座

神戸市では、福祉の心をはぐくみ、ボランティア活動などの実践につなげ、「ともに生きる」地域社会づくりを目指す、「ふれあいのまちKOBE・愛の輪運動」と連携し、困っている障害者を見かけたときに、すすんで声かけをしたり、ちょっとした手助けができる障がいサポーターの養成講座を実施しています。

障がいサポーターハンドブック

それぞれの障害の特性、障害のある方が日ごろ困っていること、配慮してほしいことなどを解説したハンドブックです。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。