神戸市-KOBE-


神戸市みんなの手話言語条例

最終更新日
2016年11月28日

神戸市みんなの手話言語条例

 平成27年4月1日より「神戸市みんなの手話言語条例」が施行されています。
 この条例は、手話への理解の促進及び手話の普及を目的として、議員提案されたものであり、政令指定都市で初めて制定された手話言語条例です。
 条例には、目的、基本理念とともに、市の責務や市民・事業者の役割、市が施策の推進方針を定めることなどが盛り込まれています。詳しくは、添付の条文及びチラシをご覧ください。

手話を学べる動画

 手話への理解の促進及び手話の普及のため、手話を学べる動画を配信しています。身近なものをテーマに簡単な手話単語と会話を紹介していますので、一緒に手話をやってみましょう!

手話単語編

第7話で紹介する単語は「食べる」・「店」・「美味しい」・「注文」です。 外食時の2人の会話、店員さんとのやりとりをご覧ください。(約8分)

第6話で紹介する手話単語は「新しい」・「仕事(働く)」・「教える(教わる)」・「注意」です。職場にろう者が異動してきました。どんな風に接していけば良いのでしょう。では、ご覧ください。(約10分)

第5話で紹介する手話単語は「空港」・「地下鉄」・「いいですか?」・「なに?」です。ハーバーランドまでの行き方を尋ねて教えてもらうまでの2人の会話をご覧ください。(8分)

第4話で紹介する手話単語は「まつり」・「参加」・「がんばる」・「拍手」です。神戸まつりの魅力を話す2人の会話をご覧ください。(約7分)

第3話で紹介する手話単語は「引越し」・「男・女(夫、妻、父、母、息子、娘)」・「家族」・「(小)学校」です。引越しのあいさつをする2人の会話をご覧ください。(約11分)

第2話で紹介する手話単語は「聞こえない(ろう)」・「人(人々・者)」・「地震」・「避難(逃げる)所」・「大丈夫(できる)」です。震災当時の体験を語る2人の会話をご覧ください。(約8分)

第1話で紹介する手話単語は「神戸」・「神戸ルミナリエ」・「冬(寒い)」・「行く」です。神戸ルミナリエに一緒に行こうとしている2人の会話をご覧ください。(約6分)

あいさつの手話編

私たちは朝起きてから寝るまでの間、家族や友人、知人らと、自然にあいさつを交わしています。あいさつの手話を覚えましょう。(約4分)

指文字編

指文字とは、50音を指で表したもので、手話を補足する表現方法のひとつです。(約15分)

関係リンク先

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。