神戸市-KOBE-


市営住宅を活用したグループホームの運営希望法人を募集します

最終更新日
2019年3月6日
  • [3月20日]市営住宅団地一覧を更新しました。
  • [3月6日]募集を開始しました。
  • [12月10日]今回の募集は終了しました。
  • [9月10日]募集を開始しました。

 神戸市では、障がい者向けグループホームの整備を推進するため、市営住宅を活用したグループホームの運営を希望する法人を募集します。

◆決定までの流れ

・申込受付は先着順です。
・市営住宅リストから、3住宅団地を上限に運営を希望する住宅団地を選んでいただき、あわせて希望する住戸数などの条件をご提示いただきます。
・ご提示いただいた住宅団地において、希望する条件に合致し、かつグループホームとして活用可能な住戸があるか調査します。
・活用可能な住戸があった場合、当該住戸を運営希望法人に提示します。
・当該住戸についてグループホームの運営を希望される場合、運営希望法人から、地元自治会等に対して運営方法や人員配置体制などについての説明会を実施していただきます(神戸市の担当者も同席します)。
・説明会の実施後、運営希望法人によるグループホーム事業実施に支障がないと神戸市が判断した場合、運営法人として決定します。

◆市営住宅リスト

 市営住宅団地一覧を参照してください。

◆市営住宅の活用にあたっての留意事項

・運営法人として決定を受けた法人は、神戸市から行政財産(市営住宅)の使用許可を受けていただきます。また、障害福祉サービス事業所の指定等の手続きが別途必要です。
・市営住宅の使用料については、運営法人から神戸市へお支払いいただきます。
・通常の入居できる程度の空き住戸の修繕については、法人と協議のうえ、一部を神戸市が行います。それ以外の修繕およびグループホームとして活用するために必要な修繕は、法人により行っていただきます。
・風呂については、法人により浴槽及び風呂釜を設置していただきます。
・大規模な住戸内の修繕を行う場合は、神戸市へ事前相談のうえ、承認を受けてから行っていただきます。
・使用料については、年度初めに各月の納付書を一括で送付しますので、それぞれの期日(使用月の月末)までにお支払いいただきます。
・使用料の他に、共益費等が必要となります。
・原則退室時には、原状回復していただきます。
・市営住宅の使用許可は1年更新です。運営状況や建替等により更新できないことがあります。

◆応募資格

 次の条件を満たす法人とします。
・申込書の受付開始日現在で、神戸市内において共同生活援助又は障害者支援施設の運営実績がある法人(神戸市内に共同生活住居を置く兵庫県内の法人を含む)。
・募集の対象となる住戸において実施するグループホームへの入居者について、障害支援区分4以上の者を8割以下とすることができる法人(管轄消防署との協議において消防法施行令別表第一(六)項ロに該当しないことを確認いただきます)。
・障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準(平成18年厚生労働省令第171号)第212条の2に定める支援体制を確保できること。
・地元自治会等からの要請に応じて、運営や人員配置体制について説明できること。
・運営に関する苦情等に対応できること。
・地元自治会と良好な関係を構築できること。
・市営住宅の使用等について関係法令を遵守すること。

◆応募手続きについて

1.応募方法

 必要事項を記入した「希望調査票」に「誓約書」を添えて、応募窓口まで直接持参いただくか、郵送してください。

2.応募受付期間

平成31年3月6日(水曜)から平成31年6月7日(金曜)まで

3.応募窓口・問い合わせ先

神戸市保健福祉局障害福祉部障害福祉課施設支援係
住所:神戸市中央区加納町6−5−1 市役所1号館5階
電話:078-322-6741
FAX :078-322-6044

◆その他

 詳細につきましては、募集要項をご確認ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。