神戸市-KOBE-


平成23年10月から、視覚障害の方への外出支援として、「同行援護」が始まります。

 この制度の対象となり、利用を希望される方は申請が必要となります。
 現在、「移動支援」を利用されていて、「同行援護」の対象となる視覚障害の方には、「同行援護」に移行していただくことになりますので必ず申請をお願いします。
 対象要件については、(2)を参照してください。

(1)「同行援護」の内容

 視覚障害の方への外出時の移動、代筆や代読を含む視覚的情報の支援です。
 外出時に身体介護が必要と認められた場合は、排泄や食事等の介護、その他外出時に必要となる援助が受けられます。

(2)「同行援護」の対象となる方

 小学生以上で身体障害者手帳を持っている方で次のいずれかの人が対象です。
 ただし、慣れていない場所でも単独で歩行ができる人は対象外です。
  ・視力障害(1mに近づいて別紙視力確認表がやっと見える、あるいは近づいても見えない)
  ・視野障害(身体障害者手帳の視野障害が1〜3級)


※アセスメント票で対象となるかどうかを確認します。
PDFファイルは音声読み上げができません。ご了承ください。
 

(3)「同行援護」利用の申請方法

 ご利用を希望される方は、お住まいの区の福祉事務所で、申請してください。
 また、外出時に身体介護が必要な場合は、障害程度区分の認定を受けていただく必要があります。
 「同行援護」の支給決定がされると、「移動支援」の利用はできなくなります。

(4)申請に必要なもの

 「同行援護」の申請の際に必要なものは以下のとおりです。
 ・身体障害者手帳
 ・印鑑
 ・「移動支援」利用者証(「移動支援」からの移行の場合)

(5)お問い合わせ先

  「同行援護」の利用に関して、ご不明な点は、神戸市総合コールセンターにお問い合わせ下さい。
 なお、神戸市総合コールセンターでは、申請受付は行っておりません。

 神戸市総合コールセンター
 電話番号:078 (333)3330  

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。