神戸市-KOBE-


入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等の取扱いについて

最終更新日
2016年10月12日

 医療機関に入院した障害者等が、外出及び外泊時において同行援護、行動援護及び重度訪問介護(以下「同行援護等」という。)を利用する場合の取扱いについて、厚生労働省から通知がありましたのでお知らせします。

通知内容

 同行援護等の対象となる障害者等が医療機関に入院するときには、入退院時に加え、入院中に医療機関から日帰りで外出する場合、1泊以上の外泊のため医療機関と外泊先を行き来する場合及び外泊先において移動の援護等を必要とする場合は、同行援護等を利用することができる。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。