5000形車両(1号車〜10号車)

最終更新日
2013年6月13日

小さくても力持ち。リニアモータ駆動の海岸線専用車。

5000形車両2001年7月7日に開業した、海岸線専用の車両です。現在、4両編成×10編成の40両が活躍しています。

軌間(レール間隔)は1,435mm、電源も直流1,500Vで西神・山手線と同じですが、トンネル断面積を小さくするため、ひとまわり小さな車両になっています。

西神・山手線の電車のように回転モータで車輪を回して駆動するのではなく、車体側のリニアモータコイルから、レールとレールの間に設置された「リアクションプレート」に電磁力を作用させ、(車輪を介さずに)直接車体を推進する「リニアモータ駆動方式」(鉄輪式)を採用しています。そのお陰で、急勾配、急曲線の多い海岸線でもスイスイ走ることができるのです。

画像伝送装置など、乗務員業務を支援するための装置を搭載し、ワンマン運転に対応しています。
塗装は、神戸市交通局シンボルカラーであるグリーンのラインに、海岸線のシンボルカラーのブルーを加えています。

2005年公開の映画「交渉人 真下正義」では、この5000形車両の実物がロケに使用されました。

乗務員室

乗務員室海岸線は「島式ホーム」なので、基本的に進行方向右側がホームとなります。そのため、運転台も西神・山手線とは逆の右側についています。

操縦装置はワンハンドルタイプで、1本のレバーを手前に引けば力行、前方に倒せばブレーキがかかります。

また、液晶ディスプレイを2面備えており、ホーム監視カメラの映像を出力したり、各機器の状態を切り替えて表示することができます。タッチパネルで一部車載機器の制御を行うことも可能です。