関西の鉄道事業者20社局による共同マナーキャンペーン
「お酒の失敗。駅でも気をつけよう」を共通テーマとしてポスターの掲出について

最終更新日
2017年8月23日

関西の鉄道事業者20社局は、共同マナーキャンペーンとして平成29年9月1日(金)から
9月30日(土)をコア期間とする「お酒の失敗。駅でも気をつけよう」を共通テーマとしたポスターを掲出します。
駅や車内でのマナー向上は鉄道事業者共通の願いです。日頃から各社局それぞれでマナー向上に取り組んでおりますが、より効果的により多くのお客さまのご理解・ご協力をいただくため、今回は「お酒の失敗。駅でも気をつけよう」をテーマとしたポスターを20社局が連携して制作、掲出します。
平成6年から実施しているこの共同マナーキャンペーンは「みんなでつくる みんなの快適」をコンセプトに実施しております。

1.テーマ 

「お酒の失敗。駅でも気をつけよう」

2.掲出期間

平成29年9月1日(金)〜9月30日(土)をコア期間として掲出

3.掲出場所

共同マナーキャンペーン参加社局の駅構内・車内

4.掲出枚数

約13,000枚 

5.共同マナーキャンペーン参加社局

西日本旅客鉄道株式会社、 阪神電気鉄道株式会社 、 阪急電鉄株式会社、京阪電気鉄道株式会社 、近畿日本鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社、近江鉄道株式会社、京福電気鉄道株式会社、 叡山電鉄株式会社、泉北高速鉄道株式会社、北大阪急行電鉄株式会社、大阪高速鉄道株式会社、能勢電鉄株式会社、北神急行電鉄株式会社、神戸電鉄株式会社、山陽電気鉄道株式会社、 神戸新交通株式会社、大阪市交通局 、神戸市交通局、 京都市交通局、
※大阪高速鉄道「大阪モノレール」、神戸新交通「ポートライナー」「六甲ライナー」を運行

ポスター図柄

「お酒の失敗。駅でも気をつけよう」キャンペーンポスター