地下鉄海岸線事後評価

最終更新日
2007年6月2日

事後評価とは

事後評価は、事業の効率性及び実施過程における透明性の一層の向上を図ることを目的に、事業完了後一定期間(実施要領では5年以内と規定)が経過した事業等を対象に実施するもので、当該事業をより効果的なものとし、より良いマネジメントを行うために必要な措置を検討するとともに、今後の同種の事業の計画・調査のあり方、事後評価手法の改善等に反映させることを目的に実施するものです。

地下鉄海岸線事後評価委員会

地下鉄海岸線事後評価委員会は、事後評価の実施手続を監視し、当該事業に関して事後評価の実施主体が作成した対応方針(案)に対して審議を行い、不適切な点又は改善すべき点があると認めたときは、意見の具申を行います。あわせて、同種事業の計画・調査のあり方や事業評価手法の見直しの必要性に対しても審議を行い、その必要性があると認めたときには、意見の具申を行います。

開催状況

第1回地下鉄海岸線事後評価委員会

第2回地下鉄海岸線事後評価委員会

第3回地下鉄海岸線事後評価委員会

第4回地下鉄海岸線事後評価委員会

事後評価報告書

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。