バスIC定期券サービスの導入

市バス定期券及び市バス・地下鉄連絡定期券のIC化対応を行います。
1枚のPiTaPaカードに市バスと地下鉄の定期券をまとめて搭載できることや、紛失時に再発行が可能となるなど、一層便利にご利用いただけます。

対象カード

PiTaPaカード(定期券搭載可能なカードに限る)

今回IC化対応する定期券

(1)市バス定期券

市バス全路線でIC定期券サービスを提供
(25系統を除く。交通振興山手線、市バス・山陽バス共同運行路線での山陽バス及び阪急バス150・151系統、神姫バス56系統における市バスとの共通乗車区間を含む)

(2)市バス・地下鉄連絡定期券

(3)神姫バス単独路線・地下鉄連絡定期券

名谷・学園都市・伊川谷・西神南・西神中央で接続する路線
※神姫バス単独路線・地下鉄連絡定期券の発売は、平成26年4月1日からとなります

定期券種

(1)通勤 大人・小児(1・3・6ヶ月)

(2)通学 大人・小児(1・3・6ヶ月)

※山陽バス共用区には6ヶ月通学定期はありません
※学期定期は平成26年度2学期以降に発売開始予定です

発売開始日

平成26年3月18日
(市バスIC定期券サービスをご利用いただくには、PiTaPaカードが必要なため、お持ちでない方は、お早めにPiTaPaカードをお申込み下さい)

!取扱い方法の変更について!

1.現行の定期券は運転士に提示していただいていますが、IC定期券は料金箱の読み取り部にタッチしていただく方式となります。
(近郊区は乗車時もタッチが必要です)

2.PiTaPaカードは記名式ICカードであるため、市バスIC定期券も記名人式となります。
※現在磁気券で発売している市バスの通勤定期券は持参人式となっていますが、IC化を推進し、取扱い方法を統一するため、記名人式に変更します。
(記名人式への変更は平成26年4月1日から。ただし、平成26年9月30日までは経過措置として持参人有効とします。)