平成29年4月15日(土)からの新たなICサービス

最終更新日
2017年3月2日

市バスでお使いいただける交通系ICカードの種類を拡大します。

平成29年4月15日(土)より、市バスでの交通系ICカード全国相互利用を開始します。

現在、市バスでご利用いただけるPiTaPaカード・ICOCAカードに加え、以下の全国の交通系ICカード8種類が新たにご利用いただけます。

全国相互利用対応カード

よくあるご質問

Q1 バス車内で交通系ICカードへのチャージはできますか。

交通系ICカードのチャージ(入金)は、事前にお近くの駅等でお済ませください。
お支払い金額が不足する場合は、バス車内で1,000円分(千円札)のみチャージできますが、走行中や混雑時などはお断りする場合がありますのでご了承ください。

Q2 hanica(ハニカ)〔阪急バス・阪神バス〕やNicoPa(ニコパ)〔神姫バス〕は使えますか?

神戸市営地下鉄及び神戸市バス(普通区、近郊区、共用区)ではご利用いただけません。

Q3 PiTaPaとICOCA以外の交通系ICカードにも乗継割引は適用されるのでしょうか。

全国相互利用に対応する交通系ICカード(10種類)については、全てのカードが乗継割引の対象となります。