市バス事故に関するお詫び

最終更新日
2019年5月16日

平成31年4月21日(日曜)、神戸市バスにおいて重大な事故が発生しました。
お亡くなりになられた方、お怪我をされた方、ご家族や関係の皆様に対し心より深くお詫び申し上げます。
また、市民の皆様、平素ご利用いただいているお客様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
被害に遭われた方へは、誠心誠意対応してまいります。
全乗務員に対し基本動作の確認、安全行動をとることの重要性について周知徹底を図るとともに、健康状態の把握を一層強化いたします。
車両につきましては、本日同型車両の緊急点検を実施いたしました。
今後、事故の原因究明を行い、再発防止策に全力で取り組んでまいります。


平成31年4月22日
神戸市交通事業管理者
岸田 泰幸

1.事故概要

(1)日時 

平成31年4月21日(日曜)14時02分頃

(2)発生場所

神戸市中央区布引町4丁目1-1 地下鉄三宮駅前南行き停留所付近

(3)事故当時の状況

・市バス64系統の神戸北町13時19分三宮行きにおいて、地下鉄三宮駅前停留所にて乗客の降車扱い完了後、発車。横断歩道をそのまま進み横断中の方数名と接触。バスは停止せず右側車線まで進行し、ガードレールに接触しながら約15メートル先で停車。事故当時車内乗客はなし。
・死亡者2名、重軽傷者7名

(4)運転士について

神戸市交通局中央営業所 乗合自動車運転士(64歳)
昭和61年2月採用。平成27年4月より再任用職員
持病、既往歴あり。過去に事故歴(発進時の揺れにより乗客転倒負傷等)あり。

2.再発防止に向けた緊急対応

(1)全乗務員に対する通知

事故により市バス事業の根幹である「安全・安心・信頼」の確保が困難になるだけでなく、社会に及ぼす影響や、基本動作の徹底及び安全行動をとることの重要性の周知徹底。

(2)臨時所長会の開催

上記通知の説明等のほか、乗務員の持病・投薬の有無調査実施及び産業医に運転への影響の有無を相談する方針を伝え、確認作業を実施。

(3)車両の検査

同型車両(38両)について、4 月22 日(月)の運行前までに点検を実施。
その他の交通局所有のすべてのバス車両についても点検を実施し、異常は認められなかった。

(4)緊急教育研修の実施

 5月16日(木曜)より、基本動作の徹底と運輸安全の向上のため、委託先も含む全乗務員を対象にした研修を実施。

3.事故対応特別チームを設置

交通事業管理者を本部長とする特別チームを設置し、事故原因の分析と評価、マニュアル・研修体制の再構築等に全力で取り組んでまいります。