神戸市-KOBE-


航空機騒音監視

最終更新日
2013年5月10日

航空機騒音監視

航空機騒音評価指標の見直しについて

 航空機騒音の評価指標が、これまでの「加重平均感覚騒音レベル(WECPNL、通称「W値」)から「時間帯補正等価騒音レベル」(Lden)に見直されました。

 これに伴い航空機騒音に係る環境基準は、下記の表のとおりになります。

地域の類型

基準値

見直し後

Lden

見直し前

WECPNL(W値)

T

57デシベル以下

70以下

II

62デシベル以下

75以下

(注) I類型 :専ら住居の用に供される地域
    II類型:I 以外の地域であつて通常の生活を保全する必要がある地域。

 
 神戸市では、航空機騒音の評価指標が見直されたことから、平成25年4月の観測結果よりLdenの値を公表いたします。

 なお、航空機騒音の観測値を比較できるよう、平成24年度の観測は、参考値としてLdenの観測値を公表しています。また、平成25年度の観測結果については、WECPNL(W値)を参考値として公表してまいります。

常時監視

淡路市、明石市、中央区ポートアイランド、垂水区五色山の4地点では、航空機騒音を常時測定する監視局を設置して測定しています。

定点監視

その他の地点では、年数回の頻度で期間を定めて、観測員が航空機の音を確認しながら測定を行います。(定点監視の実施内容は必要に応じて見直します。)

監視地点図

監視地点の地図