Interview01

国内先進事例政策
研究研修

制度利用時の部署:兵庫区 保健福祉部 生活支援課
現在の部署:行財政局 財政部 契約監理課

磯野 由佳 いその ゆか

平成27年度入庁

Q1制度を利用してどのような活動を行いましたか?

「区役所における在留外国人への情報提供のあり方について」というテーマで、若手職員4名(入庁3年目3人、5年目1人)でグループとなり、7~8ヶ月間研究を行いました。豊島区役所や横浜市中区役所などの他都市をはじめ、株式会社セブン銀行やヤフー株式会社などの民間企業にも視察調査を行いました。

Q2制度を利用しようと思った動機は?

入庁3年目の6月に当時同じ区役所で勤務していた同期から声をかけられ、国内先進事例政策研究研修について知りました。当時まだ人事異動を経験したことがなかったこともあり、研修を通じて、自分が普段担当している業務以外の知識、スキルを得て視野を広げたいと考え、研修に参加しました。

Q3制度を利用して、良かった点を教えてください。

自分たちが考えた政策提言の一部が実際に神戸市で実現する動きが出てきたことや、「英語による政策討議」で研究内容のプレゼンをさせて頂いたことなど、この研修をきっかけに様々な貴重な経験をすることができてよかったです。また、研修を通じて異なる部署の方々とも繋がりができ、通常業務においてもプラスとなりました。

※ 内容は平成30年度時点