神戸市-KOBE-


10月22日(日)執行 神戸市長選挙、市会議員補欠選挙(東灘区・中央区・垂水区・西区)、衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査 

最終更新日
2017年10月18日

選挙啓発ポスター

期日前投票者数速報・投開票速報の実施

期日前投票者数の速報は、10月9日から毎日午後10時過ぎに、当日の期日前投票者数を更新します。
⇒投票速報は、10月22日の午前8時過ぎから更新する予定です。
⇒開票速報は、10月22日の午後9時40分過ぎから更新する予定です。

候補者情報

投票日10月22日(日曜)午前7時〜午後8時

神戸市で投票できる人は

◎神戸市長選挙:
平成11年10月23日までに生まれた人で、今年の7月9日までに神戸市の住民基本台帳に記録され、引き続き市内に居住している人です。

◎東灘区・中央区・垂水区・西区市会議員補欠選挙:
 次のいずれかに該当する人です。(ただし、神戸市長選挙、市会議員補欠選挙いずれも、神戸市外に住所を移した人は投票できません。)

◎衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査:
 平成11年10月23日までに生まれた人で、今年の7月9日までに神戸市の住民基本台帳に記録され、引き続き居住されている人です。
 ※ 平成29年10月9日現在、市内に居住していなくても、3か月以上神戸市内に居住していた場合は、神戸市で投票できるケースもありますので、お問い合わせください。

投票所は

「投票のご案内」を10月10日以降、世帯ごとに封書でお送りしますので、ご自分の個票を確認のうえ、記載の投票所にご持参ください。
※なくしたり、忘れても投票できますので、投票所でお申出ください。

市内で住所を移した人(選挙人名簿に登録されている人)の投票所は、次のとおりです。

ご家族の「投票のご案内」を間違えてお持ちになる場合などがありますので、投票所では、本人確認のため、お誕生月(何月生まれ)をお尋ねしています。

投票方法は

 今回の選挙では、
 〇 東灘区、中央区、垂水区、西区では、神戸市長選挙、市会議員補欠選挙、衆議院の小選挙区選挙、比例代表選挙、最高裁判所裁判官国民審査の5種類の投票を行います。
 〇 上記以外の区では、神戸市長選挙、衆議院の小選挙区選挙、比例代表選挙、最高裁判所裁判官国民審査の4種類の投票を行います。
 
 ◎ 神戸市長選挙は、「クリーム色」の投票用紙に、「候補者の氏名」を書いて投票します。
 ◎ 市会議員補欠選挙は、「オレンジ色」の投票用紙に、「候補者の氏名」を書いて投票します。
 ◎ 衆議院小選挙区選挙は、「ピンク色」の投票用紙に、「候補者の氏名」を書いて投票します。
 ◎ 衆議院比例代表選挙は、「うすい青色」の投票用紙に、「名簿届出政党等の名称または略称」を書いて投票します。
 ◎ 最高裁判所裁判官国民審査は、「うすい黄緑色」の投票用紙に、やめさせた方がよいと思う裁判官については、その氏名の上の欄に「×」を、やめさせなくて良いと思う裁判官については、何も書かないで投票します。

期日前投票は

選挙期日(10月22日)に、仕事やレジャーなどの予定のある人は、「期日前投票」をご利用ください。

受付場所は

登録されている選挙人名簿がある区の区役所等の期日前投票所にお越しください。

受付期間・時間は

受付期間

受付時間

※期間中の土曜、日曜、祝日も受け付けています。
※北区、西区の連絡所の受付時間は、午前9時〜午後5時です。
※神戸市外国語大学内の期日前投票所(受付は垂水区、西区のみ)は、10月14日(土曜)〜10月21日(土曜)で受け付けています。
※神戸市外国語大学内の期日前投票所の受付時間は、正午〜午後8時です。

不在者投票は

旅行や出張などで、選挙期日(10月22日)の投票も期日前投票もできない人は、事前に手続きをすれば、滞在先の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

手続きの概略は、次のとおりです。

投票済みの不在者投票は、投票日当日の午後8時までに投票所に届く必要がありますので、お早めに手続きをしてください。

病院や老人ホーム等に入院・入所中の人は:

都道府県の選挙管理委員会が指定した病院・老人ホーム等に入院・入所中であれば、その施設内において不在者投票ができます。各施設で、ご確認ください。

身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証をお持ちの人は:

障害の程度や介護状態の区分により、事前に申請を行うことで、自宅等で「郵便等による不在者投票」ができます。

 また、「郵便等による不在者投票」の該当者で、更に、視力の障害が1級などの人は、選挙管理委員会に届出た人(選挙権を有する人に限ります。)が、本人に代わって投票に関する記載をする「代理記載制度」があります。

いずれも、あらかじめ、登録されている選挙人名簿がある区の選挙管理委員会に申請して、「郵便等投票証明書」の発行を受ける必要がありますので、選挙管理委員会にお問い合わせください。

点字投票・代理投票は

目の不自由な人には「点字投票」、目や手が不自由で字を書くことができない人には投票所の係員が代筆する「代理投票」の制度があります。投票所の係員にお申出ください。

なお、点字投票・代理投票は,期日前投票や不在者投票(※郵便等による不在者投票は除きます。)でも行うことができます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。