神戸市-KOBE-


広報官の『わかる!市政トピックス』

最終更新日
2017年5月26日

遠浅になった須磨海岸 28日に「ビーチフェスタ2017」開催

須磨海岸の遠浅化完了 「みなとオアシス」に登録されました

広報官 須磨海岸を遠浅にする整備がこのほど完了し、JR須磨駅前に広い砂浜が誕生しました。海開きを前に、5月28日には、この広い砂浜をめいっぱい楽しむイベント「須磨ビーチフェスタ2017」を開催します。

 今回の遠浅化で、JR須磨駅前の砂浜は50mも拡張され、さらに波打ち際から先も遠浅が続く安全・安心な海岸になりました。夏はもちろん、四季を通じて子ども連れの家族など多くの方に楽しんでもらえるよう、遊歩道やフットライトの照明、公衆トイレの整備も行いました。

 昔から関西屈指の海水浴場としてにぎわってきた須磨海岸。阪神間唯一の自然海岸として、昨年の海水浴シーズンにも76万人を超える海水浴客でにぎわい、また周辺は、須磨海浜水族園、須磨ヨットハーバー、大規模な緑地、産直市場などの施設が集積し、海を身近に楽しめる地域になっています。

 今回の整備完了に合わせて、須磨海岸一帯が、国土交通省の「みなとオアシス」に登録されました。これからも、さらに多くの方に親しまれる、海を存分に楽しめるリゾート空間を目指していきます。

平成29年5月26日
神戸市広報官 林 芳宏

  • 広くなった須磨海岸
  • 広くなった須磨海岸
  • 広くなった須磨海岸

5月28日に、広い砂浜で「須磨ビーチフェスタ2017」開催

 須磨海岸では、昭和48年から砂浜を侵食から守るため、養浜事業を行ってきました。昭和63年に、第一期区間として1,600mが完成(須磨ヨットハーバーから千森川)。第二期区間として、残るJR須磨駅前の整備を平成元年から着手しましたが、震災による財政状況等により、平成14年度に事業は一旦休止。平成27年度に再開し、このほど海岸全体の整備が完了しました。  

 遠浅化完了を記念して、5月28日に「須磨ビーチフェスタ2017」を開催します。時間は午前11時から午後4時まで。夏の海水浴シーズンだけでなく、四季を通じて楽しめる須磨海岸をPRします。ビーチバレーボール公式戦や、ビーチスポーツ体験、グルメブース「食の祭典」など、誰もが楽しめる参加型イベントです。

 ビーチバレーボール公式戦は、U23ビーチバレーボールトーナメント神戸大会が開催され、また、バレーボール女子元日本代表監督の眞鍋政義さんらによるトークショーもあります。ビーチスポーツ体験では、「ビーサン跳ばし選手権」が誰でも当日参加できるお薦めイベントです。ほかに、ビーチテニス、ビーチサッカー、ビーチベースボールなどがその場で体験できます。時間帯は、下記のページをご参照ください。

 さらに、ご当地グルメが味わえる多彩な「食の祭典」グルメブースや、サンドアート体験、防災迷路体験、有料の海賊船クルージングなど、水際で一日楽しめるイベントです。詳細は、イベントページをご参照ください。
 無料シャトルバスを水族園から運行しますのでご利用ください。

  • ビーチバレー試合の様子
  • ビーチバレー教室の様子
  • ビーチベースボールの様子