神戸市-KOBE-


広報官の『わかる!市政トピックス』

最終更新日
2019年3月4日

誰もがクリエイターになれるまち

 

都市型創造産業のすそ野を広げる

 神戸市では、既存産業の高付加価値化を進め、イノベーションを誘発する産業分野を「都市型創造産業」と定義し、その振興を進めています。
 例えば、デザイン、広告、情報サービス、インターネット関連サービス、映像・音声・文字情報制作などの分野で、創造性を持った「人」=クリエイターがいかに集積しているかが鍵になります。
 この分野の人が集まることで、神戸から付加価値の高い製品やサービスが生まれ、イノベーションを起こす土壌が育つことが期待されます。

 このたび神戸市では、JT(日本たばこ産業(株))、(株)クリエイターズマッチ、(株)イディーと連携し、無料のクリエイター養成講座を市内で開催することになりました。
 JTが提唱する『Rethink PROJECT(リシンク プロジェクト)』(常識や慣習にとらわれず、新しい文化、ライフスタイルを生み出すことに挑戦するプロジェクト)の神戸だけの特別プログラムとして、講座開催が実現しました。
 デザインのスキルを磨き、仕事にしていきたい人や本格的にデザインを学びたい人などが対象です。

3段階のクリエイター育成講座(すべて無料)で「誰もがクリエイターになれるまち」を目指します

  •  
  •  

 講座は、魅力的なコミュニティを生み出す、空間・情報・目的が揃う「新しい価値を作り出す人」のコミュニティ型ワーキングスペース「ON PAPER」で開催され、特にWEB広告のスキル・ノウハウを学びます。
 プログラム終了後に一定のスキル・ノウハウを身につけることができれば、神戸市や市内サポーター企業をはじめ、全国からWEB広告などの仕事の提供を受け、実務に携わることができるのが最大の特徴です。

 今回のプログラムは、3段階のステップがあり、すべて無料です。
 まず、最初のステップは、今回募集する『Rethink Creator Seminar』(3月9日13時〜16時開催、先着100名対象)。クリエイティブな「考え方」を中心に学ぶセミナーで、デザイナーはもちろん、デザイン経験のない方も参加できるセミナーです。申し込みは、以下のサイトをご覧ください。

 さらに、次のステップで、前期の基本講座(4月下旬〜5月上旬の1カ月開催、30名選考、デザインの基本的な制作フローや考え方を学ぶ基礎講座)と後期の発展講座(6月下旬〜9月下旬の3カ月間開催、15名選考、デザインの仕事をするための実践講座)に進むことができます。
 

  •  
  •  

 神戸市は今回のプロジェクトを皮切りに「誰もがクリエイターになれるまち」を目指していきます。
多くの市民の方に今回の講座に参加していただき、クリエイターとしての“スキル”と“仕事”を獲得し、クリエイターへの道を踏み出していただきたいと思います。

平成31年3月4日
神戸市広報官 林 芳宏