山と海のあいだ

 

山と海のあいだとは

埼玉出身で、東京で活躍したのちに神戸に移住したライター岩崎雅美さんが、外からの目線も持ち合わせながら、街になじんだ古い温泉や商店街といった、ずっと神戸で暮らしていると気づきにくい神戸の魅力にもスポットを当てていきます。 新たな視点で語られる神戸の魅力を、「山と海のあいだ」を通して発見してください。

エッセイ一覧

文と写真 岩崎雅美

2年前から神戸に暮らし、ときどき横浜・東京との二拠点生活を送る主婦。
編集したり書いたり、人やコトやモノをつなぐ仕事をしています。

プロジェクトディレクター/地域コーディネーター/編集者/ライター
東京では、CSR・SDGs関連のコンサルティング・レポート制作会社の株式会社クレアンにて企画編集を担当。
その後、株式会社umariにて地域や分野を横断する0→1を作るさまざまなプロジェクトデザインに携わる。
雑誌「TURNS」の企画・地域コーディネーター・編集を担当後、神戸に移住。移住後はフリーランスで活動中。