ごろごろ、神戸3

 

ごろごろ、神戸3とは

ベビーカーを押しながら神戸の町を駆け抜け、多くの読者を魅了したエッセイ「ごろごろ、神戸2」が、「ごろごろ、神戸3」となって再始動します。何気ない日常を手ですくいとるように綴られたエッセイがさらなる深化を遂げ、ふたたび、ベビーカーは町を東へ西へ。陰影と寂寥、哀愁と愛情からたち現れる神戸の町の姿をご覧ください。
(毎月第1と第3水曜日に更新予定)

エッセイ一覧

文と写真 平民金子

写真を撮ったり文章を書いたりしています。1975年生。東京か大阪かメキシコにいましたが、現在は神戸在住。


神戸市広報課より

エッセイのご感想や神戸市への移住をお考えの方は、下記のお問い合わせ先よりご連絡ください。お待ちしています。なお、神戸市広報課が配信するメールマガジン「神戸めるまが倶楽部」では、「ごろごろ、神戸3」を楽しむための作者のコメントを読むことができます。メールマガジンのご登録もお待ちしています。