第2回 新しいメリケンパーク、魂のレポート

昨年の夏にポケモンGOが大流行していた時、私も子供を抱きながらスマートフォン片手に水辺に暮らすレアポケモンを探して海岸沿いを歩き回っていたのだが、ある日何の前触れもなく貴重なポケストップ(ゲームのアイテムを入手する場所。現実世界にあるモニュメント等に設定されている)の宝庫であるメリケンパークが工事用フェンスで閉鎖され、ポケモンGO愛好家としては非常に迷惑し憤慨していた。それから半年以上が過ぎて、あれほど熱くなったゲームにはすっかり飽きてしまっていた4月の初旬、メリケンパークの再整備工事が終わってすべてのフェンスが取り払われ、下旬にはでかいスターバックスまでオープンして全面リニューアル。私もポケモンGOの恨みはどこへやら、さっそくベビーカーを押し歩いて遊びに行って来た。しかしここには何もない。芝生と海があるだけだ。

 

でもまあ「工事前のメリケンパークって何かあったっけ?」と思い返してみたが、以前から特に何もなかった。しばらく閉鎖されていたから何かあったような気がしていただけで、ここには夏の夕方に来て蚊に刺された思い出しかない。しばらく立ち尽くし、「だだっ広くて海があるだけのこんな場所は育児に疲れた四十男が来たってしょうがないんやで」などとやさぐれていたその横で、子供はすこぶる機嫌が良い。ベビーカーから降ろすと走り回っている。子連れ目線でこの公園を見た場合、これだけ安全かつ自由に子を放てる場所というのは貴重だ。今はまだ養生中の広大な芝生エリアも来月には全面解放される。

 

出た、「BE KOBE」。
知らない人にとっては「なんやねん?」としか言いようのない代物である。
私もまた「ワケのわからんモン作りやがって」などと思っていたのだが、現地に行くと国内外問わず様々な人たちからの愛されぶりで、海と青空に映えてすっかり人気の撮影スポットになっている。この日も外国からの若い観光客がいて、「KOBE」のKに1人、Oの穴に1人、Bの穴に1人、Eから1人とそれぞれ顔を出して記念撮影しており、見ていると多くの人が同じように写真を撮っている。ここに来ると人はKOBEのOに入りたくなるようだ。私もいつか夜中に1人で来て、Oに入ってやろうと思う。「こんなもん作ってなんになんねん」からは何も生まれないのだなと反省した。

さて、ここまで来たら、目の前にある新しく出来たスターバックスでコーヒーを飲まないわけにはいかないだろう。のどかな神戸の海を見ながら芝生に寝転んでコーヒーが飲めるなんて流行らない方がおかしい。私もさっそく買って来て、人がいなくなった一瞬の隙にモニュメントの前に配置して記念撮影だ。

 

ちなみに、こちらで出されるコーヒーは白いケースに入っており、通常の容器よりも平べったい感じ。フタを開けるとネギの香りがして、見た目はコーヒーというよりも焼きそばに近い。あ、これはスターバックスじゃなくて稲荷市場にあるお好み焼き屋「ひかり」の貝そばじゃないか。

 

写真撮影用に3秒ほど子供に渡し、その後は菅原文太の声で「それはのう、ガキが手にしてええもんとちゃうんじゃ」と取り上げる。お好み焼き屋「ひかり」はここからハーバーランド方面へ30分ほど歩けば辿りつけるのでぜひ場所を調べて行ってみて下さい。ちなみにスターバックスはオープンしたてで行列が出来ていたので家からペットボトルに入れて持ってきた水道水を飲んだ。

 

さて、私はなんやかんや言っても根が真面目なので、神戸市のサイトでこういった連載を持つ以上は新生メリケンパーク開業の記念式典(4月5日)にも子供を抱いて行って来たのである。せっかくなのでその時の様子も写真で見ていただこう。

 
 

おや? これは先月長田区で開催された「神戸国際ちくわ笛音楽祭」じゃないですか。カネテツのてっちゃんも元気そう。私は現場で焼きそばパンを食べましたが、この日はちくわが乗っています。

 

その後は肉のデパート「マルヨネ」で豚足を買いました。12個買っても480円です。
ちなみに、アイスコーヒーを飲みながら豚足をかじるというのが我が家の定番。
メリケンパークのスターバックスでもアテに豚足出さないかなと思っています。

 

文と写真 平民金子

写真を撮ったり文章を書いたりしています。1975年生。東京か大阪かメキシコにいましたが、現在は神戸在住。


神戸市広報課より

エッセイのご感想や神戸市への移住をお考えの方は、下記のお問い合わせ先よりご連絡ください。お待ちしています。

(掲載内容は2017年5月10日現在の情報です)

このエントリーをはてなブックマークに追加