神戸市-KOBE-


懐かしの写真と絵葉書でたどる「六甲歴史散歩」

最終更新日
2013年6月6日

六甲歴史散歩イメージ写真神戸市民にとって貴重な財産である「六甲山」。
六甲山の魅力は、観光だけでなく、六甲全山縦走や毎日登山、ハイキングなどのレクリエーション、自然・野鳥の観察、伝説・史跡めぐりなど多面的で楽しみ方もさまざま。
六甲山の魅力と歴史を、懐かしい写真と絵葉書でたどるパネル展を開催します。

日時

平成25年7月13日(土曜)〜21日(日曜) 10時〜17時

会場

神戸アーカイブ写真館 (神戸市立地域人材支援センター内)
神戸市長田区二葉町7丁目1番8号
連絡先:電話078−642−2355

内容

パネル展

◎懐かしの写真と絵葉書でたどる「六甲歴史散歩」
明治から昭和初期までの六甲山の歴史を、写真と絵葉書でたどります。
禿山だった六甲山の植林事業がスタートのは明治時代。また、ゴルフ、登山、アイススケートなどレクリエーションの場としても愛されてきた六甲山の歴史を懐かしの写真と絵葉書でたどります。
 
◎“市民のグラフこうべ”でたどる「魅力の六甲山」
昭和45(1970)年に創刊された“市民のグラフこうべ”では、何度も六甲山の特集が組まれています。「六甲全山縦走」、「六甲の谷筋」、「伝説の六甲山系」、「冬の裏六甲」、「布引の渓谷」、「六甲の尾根道」、「神戸 滝めぐり」など多彩な切り口と迫力ある写真で六甲山を紹介しています。読みごたえ・見ごたえたっぷりのパネル展です。
 
◎「高取山おもしろ雑学」
高取山のことが楽しく学べるパネル展です。
 
◎「六甲連山のビューポイント」
六甲山にはいくつもの登山道、山頂、三角点、滝、岩などがあります。1,000点を超える写真で、六甲連山の“ビューポイント”を紹介します。

懐かしの映像展

昭和レトロの神戸の映像フィルムを上映します。

「市民のグラフこうべ」展示・販売会

昭和45(1970)年に創刊された“市民のグラフこうべ”から、今回は六甲山特集を中心に展示・販売します。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。