神戸市-KOBE-


幅広くサポートします
「認知症 神戸モデル」本格スタート

2025年には、65歳以上の約5人に1人がなるといわれている認知症。市は、認知症の人や家族が安心・安全に暮らせるまちを目指しています。その目標を実現するため、4月からさらに充実した取り組みを始めます。

疑問や悩みを電話で相談

4月1日(月曜)から、認知症に関する総合電話相談窓口「こうべオレンジダイヤル」を開設します。気軽に相談してください。

TEL:262-1717

時間:月曜〜金曜 9時〜17時(大型連休中、4月30日(火曜・休日)、5月2日(木曜・休日)は受け付け)

例えば

・家族の物忘れがひどくなった気がする
・認知症の家族にどう対応したら良いか悩んでいる
・認知症神戸モデルなど、市の施策を知りたい

もしもの事故にも対応

65歳以上の人を対象に、認知症の疑いがあるかどうかを無料で検診できる診断助成制度を1月から行っています。さらに、検診で認知症と診断された場合、以下の4つの安心を無料で受けられる事故救済制度を4月から始めます。診断助成と事故救済の2つを組み合わせた取り組みは全国初です。

認知症と診断されたら・・・

1.賠償責任保険・・・最高2億円の賠償責任保険に市の負担で加入
2.コールセンター・・・事故が起こった場合、24時間365日対応
3.GPS安心かけつけサービス・・・所在が分からなくなった場合に無料で駆け付け(月額利用料は本人負担) 
※GPS・・・衛星利用測位システム
4.見舞金・・・事故を起こした場合、被害に遭った人に対して、最高3千万円の見舞金を支給

無料で受けられる認知症検診の受診券の申し込みは、市総合コールセンター(TEL333-3330)または下記ホームページで

問い合わせ

介護保険課(TEL322-5259 FAX322-6047)