神戸市-KOBE-


くらしのヒント くらしに役立つ情報満載!

最終更新日
2018年3月22日

自宅でできる災害対策 いつものそなえ もしものあんしんvol.12

いつ起きるか分からない自然災害。“もしも”のときも安心して過ごすための取り組みを紹介します。

今月のそなえ ロープの結び方

災害時は、行政や交通網も被害を受けているため、すぐに救助や支援が受けられない可能性があります。
簡単に結べてほどけないロープの結び方を覚えておくと、人命救助などに役立ちます。
柱と棒があれば、避難所や仮設住宅で物干し竿の代わりとして活用することもできます。

簡単にできる!結び方

 【用意するもの】・ロープ
1.ロープを棒に2回巻き、右側のロープの端を下からくぐらせる
2.ロープの端を強く引き、結び目が緩まないようにする

(2本のロープを1本につなぐときは)
1.2本のロープを交差させる
2.2本の端をもう一度絡める
3.両方のロープの端を引き、緩まないように締める

甲南大学 三輪 麗奈さん

長期間に及ぶ避難所生活はストレスがたまりがち。プライベートな空間を確保するた
めの仕切りとしても使えますよ

一緒に備えよう!117KOBEぼうさい委員会

神戸市と神戸新聞社が協働で立ち上げた、市内の大学生が中心となって災害への備えの大切さを訴えていくプロジェクトです。現在は、大学・高専15校約90人の学生が参加中。

問い合わせ先

危機管理室( TEL322 -6487、FAX322 -6031 )

今日からはじめる KOBE健康スタイルvol.12

日常の中のちょっとした工夫でもっと健康になれる!「神戸ならでは」の健康スタイルを紹介します。

今月のテーマ 減塩習慣を始めよう

現代人は食塩の取り過ぎ

 食塩を取り過ぎると血圧が上がるため、血管や心臓に負担がかかり、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。
減塩習慣の目標量は1日6g未満ですが、現代人は取り過ぎの傾向にあります。
みそ汁1杯だけで平均1.4gの食塩を取っているほか、梅干し1個で2.2g、カップ麺1個で5.1gなど、身近な食材に意外に多く含まれています。
食品の外袋に書かれた栄養成分表示を確認しましょう。

選び方次第で減塩に

似たような食材も選び方が重要です。
・生ハム(3枚)2.4g →ロースハム(3枚)0.4g
・プロセスチーズ(20g)0.6g →モッツァレラチーズ(20g)0.04g

素材のおいしさを味わう

神戸産の新鮮な野菜は、素材本来の甘味やうま味が豊富なので、使用する調味料を減らせます。
2・3面では、神戸産の食材の魅力を紹介。

早く見つけて早く治す わたしの検診体験記vol.6

「2人に1人はがんにかかるなんて。じゃあ、どうすれば・・・?」。関係者に聞く、「がん対策」の本当のところ。

20〜30代の患者が増加中「子宮頸(けい)がん」

多くの女性が一生に一度は感染するといわれる、ヒトパピローマウイルスに持続的に感染することで発症する子宮頸がん。
早めに発見できると、切らずに治療したり子宮を温存したりすることが可能です。
初期の段階では症状がないので、2年に一度は検診を受けましょう。

市の検診がお得

対象 20歳以上の偶数歳の女性
自己負担 1,700 円
申し込み 指定医療機関に直接申し込み
申し込み方法などの詳細は特設ページへ

若い世代の受診率アップを目指して 

細胞検査士を目指す在学生と卒業生で子宮頸がんの予防啓発活動をしています。子宮頸がんは初期に発見しやすいのが特徴です。
私も検診を受けましたが、違和感がある程度ですぐに終わるので、皆さんもぜひ受診してください。
(神戸常盤大学“ときわがかり” 加藤 ゆりさん)

子宮の日 LOVE49キャンペーン

“ときわがかり”による啓発やコンサート、女優・原千晶さんのトークショーなどを無料で開催。
日時 4月8日(日曜)13:00〜
場所 須磨パティオ(須磨区中落合2)など

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。