神戸市-KOBE-


高齢者の皆さんへ
肺炎球菌の予防接種の費用を助成します

最終更新日
2018年3月22日

 日本人の死亡原因の第3位は「肺炎」。
予防接種を受けることで「肺炎球菌」による肺炎の重症化を防ぐことができます。

期間

4月1日(日曜)〜31年3月31日(日曜)

対象者

市内に住民登録がある人で、下記(ア)または(イ)に該当する人
(ア)平成30年4月2日〜31年4月1日に65・70・75・80・85・90・95・100歳の誕生日を迎える人
(イ)接種日に60〜64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害者手帳1級の人または同程度以上の人
※すでに同じ23価肺炎球菌(ニューモバックスNP)の予防接種を受けた人は対象外

自己負担

4,000円
※生活保護世帯、市民税非課税世帯は無料。詳細は下記[問]へ

接種方法

契約医療機関に事前問い合わせの上、下記を持参
・6月中旬以降に対象年齢の人に送付する通知(はがき)※
・ 本人確認書類
・ 無料対象者は確認書類
※通知が届くまでに接種を希望する場合は、住民登録地の下記窓口へ本人確認書類を持参
窓口:各区役所・支所のあんしんすこやか係、西神中央保健福祉サービス窓口

問い合わせ先

市総合コールセンター(TEL333-3330、FAX 333-3314)