神戸市-KOBE-


次世代につなぐまちづくり 都市空間向上計画

最終更新日
2018年3月22日

2060年の神戸市の人口は現在より約44万人減少し、約110万人になると推計されています。
市は、人口減少を緩やかにするさまざまな施策を進めていますが、人口減少・高齢化は避けられません。
そこで、50年先も心地よく健やかに住み続けられるまちを目指して、市は「都市空間向上計画」の策定を進めています。

持続可能なまちづくり

 人口が減ると、スーパーなどの民間サービスが維持できなくなるなど、まちにさまざまな影響を与えます。
そこで、鉄道駅を中心に民間サービスが維持・集積できる人口を保つ区域を設定するとともに、それ以外の区域では、地域の特性にあったゆとりある暮らしができるようにします。
それにより、活力があふれ、多くの人に選ばれる次世代につなぐまちづくりを進めます。

「都市空間向上計画基本的な考え方(案)」についての意見募集

期間 4月12日(木曜)消印有効
提出方法 郵送(〒650-8570住所不要)かFA X か電子メール(toshikukan@office.city.kobe.lg.jp )か直接で下記[問]へ

都市計画課 伊藤 遥

まちの将来への思いをお寄せください。今後もワークショップなどを開催し、皆さんのご意見を聞きながら策定を進めていきます

問い合わせ先

都市計画課(TEL322-5481、 FAX322-6095)