神戸市-KOBE-


食の宝庫 神戸で楽しむ地産地消

 神戸は大都市でありながら、山の幸、海の幸に恵まれた農畜水産物の宝庫です。
 身近で採れる新鮮な食材は、素材本来の甘味やうま味が豊富なので、調理やしっかりとした味付けがなくてもおいしいもの。せっかく神戸に住んでいるのなら、神戸のおいしい採れたて食材を味わいませんか。
 今月は、食都神戸の魅力を産地から直送します。

知られざる食の宝庫

 神戸は、北・西区に広がる豊かな農業地域と瀬戸内海に面した恵まれた漁場を持っています。そのため、農業生産額は近畿198市町村中で3位を誇り、果物は県内1位、野菜は県内2位となっています。そこで、都心を含めた市内各所でも、新鮮な地元の農畜水産物に親しめる仕組みをつくっています。

豊かな環境

【北・西区】

 北区では昼夜の寒暖差を利用して良質な米や野菜、イチゴなどが、西区では比較的温暖な気候を利用して、葉物野菜や果物などがたくさん作られています。また、世界に誇る神戸ビーフや酪農などの畜産業のほか、観光農園も盛んです。

【須磨・垂水沖】

 潮の流れが速く海の栄養が豊富なため、須磨海苔で名をはせるノリの養殖に適しています。また、船びき網漁が盛んで、新鮮なイカナゴやシラスなどの漁場になっています。

「食都神戸2020」

 神戸は、品質の高い農畜水産物とほかの都市にはない多様な食文化が合わさり、多彩な食の可能性を持っています。市はそれを生かし、市民や事業者が神戸ならではの新しい食文化を創り上げ、世界中の人が訪れたくなる都市「食都神戸」の構築を目指しています。  
 そのために、市民が神戸産の農畜水産物を日常生活に取り入れる地産地消のライフスタイル化を図るとともに、それらの魅力を世界へPRし、ブランド力の向上を進めています。

なぜ、今「地産地消」なのか

 物流や生産技術が進歩し、国内外からいつでも食材が手に入る時代だからこそ、安全安心で新鮮な地元産を求める声が高まっています。
 神戸はそういった食材を入手できるだけではなく、都市部から車で30分の距離で農漁業体験をすることができるのも大きな特長です。レストランなどからの要望に合わせて、これまで神戸で生産されていなかった品目に取り組む農家も増えており、地産地消に注目が集まっています。

神戸の「食」の魅力は

 食の宝庫であるとともに、古くから港町として栄えてきたため、国際色豊かで多様な食文化が広がる神戸。地元の食材を使い、日本と海外の食文化をうまく融合させたお店が市内には数多くあります。

ブラッスリー ラルドワーズ 柘植(つげ)淳平さん

大都市でありながら近郊で豊かな農畜水産物が採れ、さらには国際色豊かで海外の文化を受け入れやすい風土がある。そんな魅力に引かれ、神戸でレストランをしています。誰もが気軽に地産地消をおしゃれに楽しんでいるところが神戸らしくてすてきだと思います。皆さんも日頃からやりとりする親しい農家や漁師がいると、食生活がより楽しくなりますよ。

市民とつくる「食のまち」

 神戸には、市内で採れる農畜水産物を新鮮なうちに身近で入手できる直売所やマルシェ(フランス語で市場)などがいくつもあります。東遊園地で開催しているファーマーズマーケットでは、都心にいながら、採れたての農畜水産物を購入できます。神戸の食材で神戸らしい料理を作る家庭が増えれば、どんどん「食のまち」に近づきます。

長田区在住 上谷さん ご家族

ファーマーズマーケットにはインスタグラムをチェックし、よく参加しています。子どものためにも、国内産であることはもちろん、安心できる地元産にこだわって購入しているんです。スイカ割りや餅つきなど、子どもたちが喜ぶイベントが開催されるのもうれしいですね。夏にはトウモロコシ農家を訪れて収穫体験にも参加しています。

第2の神戸ビーフとなるか!?  農水産課 松尾宜樹

市は、神戸の農畜水産物の海外展開にも力を入れているんですよ。神戸ビーフとともに神戸ワイン、イチゴ、イチジク、ちりめん、須磨海苔などの輸出も進めています。海外での認知度を高めることで、国内でのブランド価値の向上につなげます。

採れたて食材を手に入れよう

FARMSTAND(ファームスタンド)3月31日(土曜)オープン

都心で毎日、新鮮な野菜が買える、学べる、食べられる。神戸産野菜を使った料理を楽しむことができるほか、農家に教わるワークショップの開催も予定。
場所 中央区山本通1-7-15

FARMERS MARKET(ファーマーズマーケット)2018春スケジュール

東遊園地の木の下で週末に開催されるマーケット。生産者にお薦めの食べ方や保存方法を聞きながら神戸産を買ってみませんか。
日時 4月14日〜6月16日の土曜9時〜12時30分 ※雨天決行・荒天中止

問い合わせ先

市イベント案内・申込センター(TEL333-3372、 FAX333-3314)

道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」内 FARM CIRCUS(ファームサーカス)

近隣農家が収穫した野菜や果物など、新鮮でおいしい食材が手に入ります。さらに農業体験や料理教室などのイベントも開催。詳しくはホームページで。
営業時間 10時 〜 21時(店舗により異なる)
場所 北区大沢町上大沢2150 ※入園料・駐車料金無料

問い合わせ先

FARM CIRCUS(TEL954-1940、FAX954-1980)

神戸の食を探しに出掛けよう

神戸の地産地消の魅力をお届けしましたが、今回紹介できたのは、その魅力のほ
んの一部分に過ぎません。市内にはほかにもたくさんの魅力ある場所があり、地産
地消に取り組む人がいます。皆さんも神戸産の食材に目を向け、この春はお気に入りの神戸の食を探しに出掛けてみませんか。

問い合わせ先

農水産課(TEL322 -5355、FAX322 -6076)