神戸市-KOBE-


発生する場を与えない!
夏が来る前の蚊対策

最終更新日
2017年5月23日

暑くなるにつれて、徐々に蚊が発生し始めます。蚊の発生を減らし、刺されないために早めの対策をしておきましょう。

ステップ1 蚊のすみか・休息場所をなくす

・雨水ますの中を掃除し、目の細かい防虫網を張る

・庭を整理整頓し、水がたまる場所をなくす

・茂った枝葉は、蚊の休息場所になるので小まめに切る

ステップ2 蚊から身を守る

・薄い色の服を着て、肌の露出を少なくする

・虫よけスプレーをするときは、服の上から使用する

生活衛生課 米谷 千明

蚊に刺されると、発熱や筋肉痛などの症状が現れるデング熱などの感染症にかかることもあります。また、昨年は中南米でジカ熱が流行し、妊婦が感染すると胎児に影響がある可能性も指摘されました

問い合わせ

住所地の衛生監視事務所

東灘・灘・中央区:東部TEL232-4651、FAX232-4657

兵庫・長田・須磨区:西部TEL579-2660、FAX579-2662

北区:北TEL593-3250、FAX593-2880

垂水区:垂水TEL708-6230、FAX708-6233

西区:西TEL929-0550、FAX929-0056