神戸市-KOBE-


森林植物園の楽しみ方
〜冬の自然に触れてみよう

最終更新日
2014年12月24日

「紅葉が終わった森林植物園に行っても…」なんて思っていませんか。そんな人のために冬ならではの楽しみ方を紹介します。

 

冬鳥ウオッチング

園内の木々が落葉しているため、鳥たちを見つけやすくなっています。青い鳥に会えるかも。

さまざま形の冬芽と葉(よう)こん

春に葉や花を出す準備をしている冬芽は植物ごとにいろいろな工夫をしています。何枚ものうろこのような皮で包まれているもの、毛皮を着ているものなどもあります。

森林植物園 岡本 佳菜子

葉の落ちた跡(葉こん)の形は、人や動物などの顔に見えるんですよ。オニグルミという木の葉こんは今年の干支「ヒツジ」に見えます。ぜひ、探しに来てください。

冬のイベント 無料((2)(3)は要入園料)

(1)とんどやき

日時:1月12日(月曜・祝日)10時30分〜

(2)冬芽観察会と七草がゆ

日時:2月8日(日曜)10時15分〜

(3)親子でバードウオッチング

日時:2月15日(日曜)9時30分〜

申し込み:(2)(3)はFAX(代表者の氏名・住所・電話番号、人数を記載)か同園ホームページで。(2)は1月8日(木曜)〜、(3)は1月15日(木曜)〜先着順

問い合わせ

森林植物園(電話591-0253、FAX594-2324)