神戸市-KOBE-


「KEMS環境活動優秀校」受賞者との対話フォーラム

最終更新日
2015年10月15日

神戸市立学校では、全校でKEMS(こうべ環境マネジメントシステム)を取得し、各校で創意工夫しながら省エネや省資源、ごみ削減、美化運動・地域クリーン作戦等の環境活動を実践しています。
昨年に引き続き、「ECOコンクール」を開催して、優れた環境活動の取り組みを行っている学校を「KEMS環境活動優秀校」として表彰し、活動発表を行いました。その後、優秀校の児童生徒代表と市長との意見交換を行いました。

開催日時

平成27年10月10日(土曜)15時45分〜16時
(「ECOコンクール」全体は13時30分〜16時)

会場

神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸・補助体育館

参加者

KEMS環境活動優秀校(魚崎小学校、星和台小学校、ひよどり台小学校、駒ケ林小学校、塩屋北小学校、西舞子小学校、盲学校、西代中学校、垂水東中学校、櫨谷中学校、科学技術高等学校)の児童生徒代表等
NPO法人ごみじゃぱん代表 石川 雅紀 氏  計19名

内容

優秀校の児童生徒代表よりひとこと

””小学校、盲学校の児童生徒代表より、「環境活動における取り組みの中で、一番努力したことや苦労したこと」について発表がありました。

""また、中学校、科学技術高校の生徒代表からは、「環境問題に関心がない友達に、環境問題を意識し取り組んでもらうためにはどうすればよいと思うか」について発表がありました。

久元市長よりまとめ

""久元市長より、「なによりも続けて取り組みをされていることが大事です。皆さんは、さらに粘り強く、まわりの子どもたちにも広げて取り組んでください。」と、まとめのことばがありました。