神戸市-KOBE-


「神戸市留学生奨学金」奨学生との対話フォーラム

最終更新日
2015年6月3日

集合写真神戸市内の大学に在学する外国からの私費留学生30名に対する奨学金の支給式を行い、支給式終了後に、久元市長と来賓の有馬啓子さん((故)菅原一郎さんの親族)を囲んで、奨学生との懇談会を行いました。

開催日時

平成27年6月2日(火曜)10時〜11時

会場

神戸市役所1号館14階大会議室

参加者

神戸大学、神戸市外国語大学、兵庫県立大学、神戸学院大学、日本経済大学神戸三宮キャンパス、流通科学大学、神戸山手大学の私費留学生 計29名(1名欠席)

内容

奨学金支給証の交付

奨学金支給証の交付神戸市内の大学に在学する外国からの私費留学生に対して、奨学金支給証を交付しました。
久元市長からは、「神戸の生活に馴染んでいただくとともに、私たちが気付かない課題などについても忌憚なく教えていただきたい。体に気を付け、ぜひ、皆さまの母国と神戸・日本との懸け橋となって、これからも末永く活躍していただきたい。」とエールを送りました。

留学生代表のあいさつ

留学生代表のあいさつ奨学生の代表者からあいさつがありました。あいさつでは、「来日当初は、言葉の壁、生活費の捻出、価値観や文化の違いなどで大変な苦労がありましたが、たくさんの親切な方々に出会い、助けを借りながら困難を乗り越えてきました。留学生奨学金により、経済的負担が軽減され、今まで以上に勉強に打ち込むことができます。これからも学業に専念し、将来は母国と日本の架け橋になることができるよう頑張っていきたいです。私たちを支えてくださっている関係者の方々に心よりお礼申し上げるとともに、今後も引き続きご支援、ご鞭撻賜りますようお願いします。」と感謝の気持ちを表されました。

懇談会

懇談会1支給式終了後に、久元市長、有馬さんを囲んで、奨学生の皆さんと懇談会を行いました。奨学生からの様々な質問に、久元市長も真剣に聞き入っていました。

懇談会2奨学生からは、おすすめスポット、災害時の近隣住民による支援体制、外国人観光客の集客、夜景のPR、留学生を通じた魅力発信、地元有力企業との就職マッチング、留学生に一番学んでほしいこと、奨学金に関する情報提供など様々な話題が出されました。


懇談会は、終始和やかな雰囲気の中で行われました。限られた時間ではありましたが、充実した懇談会となりました。