神戸市-KOBE-


HACCP基準導入に関する要綱の改正に係る意見公募の結果をお知らせします。

最終更新日
2016年1月8日

 神戸市では,食品衛生法(昭和22年法律第233号)第50条第2項の規定に基づき「神戸市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例」及び「神戸市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する要綱」において,施設の内外の清潔保持,ねずみ,昆虫等の駆除その他公衆衛生上講ずべき措置に関し,必要な基準を定めています。
 平成26年5月,国が「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」を改正したことを受け,HACCP(危害分析・重要管理点)方式による衛生管理を推進するため,「神戸市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する要綱」を改正し,併せて「神戸市食品衛生関係営業許可等に関する取扱い要綱」についても改正するものです。
 これに伴い、皆様のご意見を募集しましたので、その結果をお知らせします。

意見公募の期間(意見公募は終了しています)

 平成27年11月16日(月曜)から平成27年12月15日(火曜)まで

意見公募の結果

 意見件数 2通7件
 いただいたご意見の概要及びご意見に対する神戸市の考え方については下記のとおりです。
 なお,いただいたご意見は,趣旨を損なわない程度に要約しています。

 いただいたご意見を検討した結果、意見公募時の改正案に沿って、「神戸市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する要綱」及び「神戸市食品衛生関係営業許可等に関する取扱い要綱」を改正します(平成28年4月1日施行予定)。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。